無駄な抵抗はやめて

2018-01-16 07:22

最近人質をとった篭城事件というのが少ないせいか「無駄な抵抗はやめて、早くでてくるんだ」という警察の呼びかけ(多分ドラマの中でしかみたことがないが)を聞かないような気がする。

いずれにせよこれは「無駄な抵抗」の終焉を意味するものだ。

Toyota officially announced that CarPlay will appear in its upcoming 2019 Avalon sedans.

引用元:Starting with 2019 Avalon, Toyota finally bringing CarPlay to select vehicles | 9to5Mac

トヨタ様が、自前のenTune3.0の一部としてとうとうCarPlayをサポートすることにしたんだそうな。

Toyota has resisted offering Apple’s CarPlay and Google’s Android Auto in its vehicles, citing concern that doing so would diminish safety and security.

引用元:Ford, Toyota, and more form alliance to prevent Apple and Google from taking over the in-car experience | 9to5Mac

この無駄な抵抗は2011年から続いていた。AppleとかGoogleとかいう惑星トヨタ以外のシステムを入れると、安全性とセキュリティが損なわれる!と叫びFordとコンソーシアムを組むとか、まあ無駄な抵抗を7年に渡って続けてきたわけだ。

私がenTuneの開発に(末端で)従事していたのは2011年。その時ですら、画面のデザインは別として、enTune上で作るアプリとiPhoneアプリの機能、操作性の差は歴然としていた。裏のアプリを作る生産性に至っては冗談のような差がついていた。ナイフ一本使って無人島で作る家と、工場内で組み立てる住宅くらいの差があった。

そうした現実はトヨタ様にとって無縁なものだった。なぜなら彼らはコードを1行もかかないから。デンソーのかわいそうな担当者に嫌味を言い続ければ彼らの「エンジニアとしての仕事」は満足に行われたことになるのだ。

トヨタには頭のいい人がたくさんいる(母数が大きいから、%が小さくてもその数は膨大だ)そろそろ現実に誰かが気がついたということかな。あるいはToyota Motor Salesの人が言い出したことか?

引用元の記事の筆者は、今トヨタの車に乗っているがCarPlayがないから次の車はトヨタをやめようかと考えていたとのこと。何を言っているんだ!Toyota AmericaにはenTuneというすばらしいシステムが!といくらToyota Motor Corporationのアレな人が叫ぼうが、実際に車を販売し、現実と直面している人たちには聞いてもらえない、というシナリオの方が野次馬としては面白い。もちろん今はToyotaの内幕について知る立場にはないが。



古いブログのデザイン変更

2018-01-15 08:49

Movable Typeのデザインから今のブログデザインに変更したのは2014年の1月である。それ以前のブログは「これはこれで歴史的意味があるよね」と古いままにしていたのだが、正月に行なった「https化強制」とかにともない表示ががたがたになっている。というわけで、文章部分だけ取り出し、今のデザインに当てはめた。

本当のことを言えば、画像のリンクがきれていたりあれこれあるのだが、結果を見よう。これが過去のデザイン

古いデザイン

でもってこれが今のデザインである。

新しいデザイン

自分で作っておいてなんだが、その読みやすさの差に愕然とする。古いデザインも自分なりに余分な要素を取り去ったはずなのだが、今読み返してみると

「ごちゃごちゃしたなかから、なんとか文章を拾い出そう」

という行為をしているように思える。

今のデザインでは、いくらなんでも削りすぎだろうとちょっと自分でも思っている。しかし仮にナビゲーション用のあれこれを付け足すとしても、この読みやすさの差異は常に自分の頭においておきたい。

というか、いまだにサイドバーに情報てんこもりに乗せ「さあこれを読め、こういう風に飛ぶこともできるんだ便利だろう」とやっているのは、邦画のポスターのごちゃごちゃさにあい通じるところがあるように思う。

君の名は
引用元:togetter

「日本人にはこういうのがいいんだよ」と強硬に主張する人たちがいるのは知っている。しかし私はこれはその精神においてBad UIだと断言する。つまり

「読み手の読みやすさ」

ではなく

「作り手の”あれも読め、これも読め”という都合」

を優先しているからだ。そう思ってBad UIで有名な先生の研究室サイトを見てみると...まあここらへんは見解の相違というやつだろう。


サイトの表示を早くするためにやったこと

2018-01-12 07:46

去年の11月、このサイトの表示スピードはこんな感じだった。

詩子

でもって今朝はこうである。

speed

まだ改善の余地はたくさん残っているが、前進には違いない。じゃあ何をしたかということなのだが。

1)サイトの余分なものをばっさばっさと切った。jQueryももう使わない。SNSボタンも表示も簡単なものにしてしまう。

2)サイトをさくらのサーバーからNetlifyに移した。

正月に文句を言っていた「お名前.com」からGoogle Domainsにドメイン管理を動かしたがたぶんそれは関係なかろう。それぞれを個別に行なって、スピード測ればいいのだけどそういうのをちゃんとやらないのがいけませんねえ。

今回のお引越しに関連しあれこれ調べたがNetlifyには驚いた。平たく言えば、Webサイトの面倒を見てくれるのだが、この仕様でよく商売がなりたつなと不安になるほどである。セットアップは簡単だし、このサイトのアクセス量くらいでは楽勝で無料である。13年お世話になったさくらのサーバーもこれでおさらば。さくらは真面目に商売をやっているいい会社だと思うが、無料には勝てない。それに無茶苦茶早いし。

---

さて、このNetlifyのサイトにはサイトのスピードをテストしてくれる機能がある。さっそくこのサイトを入れてみると

before

こんな結果である。そもそもこのサイトにFranceやブラジルからアクセスする人はいないから多少遅くてもいいのだが、Tokyo,Japanの数値がSan Fransiscoより悪いのが気にかかる。

なぜこうなるのか。読んでみるとCDNというものが働いていないらしい。CDNとは何かについて多少勉強したが

「世界中どこからアクセスしても、近いところから早く応答を返してくれる仕組み」

らしい。それが無料で使えるというのもうれしいのだが、動かなくては宝の持ち腐れである。

じゃあそれを働かせるためにはどうしたらいいのか?あれこれ調べ、1時間に渡りこのサイトがアクセスできなくなったりしたが、ようやく方法が見つかったと思う。今現在の測定結果はこうである。

after

まあすばらしい。世界中どこからアクセスしても、2-5msで応答が返る。そもそも世界中からのアクセスがあるわけないだろう、という些細な問題は気にしないことにする。

では何をやったか?


Netlify上で、primary domain(これが何かはいまだによくわからない)をotsubo.infoからwww.otsubo.infoにした


基本的にはこれだけである。Google Domainsの設定はCNAMEでwww.otsubo.infoをnetlifyのxxx.netlify.comにとばす+Aレコードで直接Netlifyのロードバランサーを叩いているだけで変わりはない。このサイトにアクセスしている時、ブラウザのURLをよーくみると、去年は

http://otsubo.info/blog/

だったのが

https://www.otsubo.info/blog/

にかわっていることに気がつくだろう。多少長くなったが、サイトを作成している本人が使っても早いほうが楽しいし、ほとんどの人は長くなったことに気が付きもしないと思う。

ここらへんの理屈が半分くらいしか理解できていないのは気持ち悪いが、まあそこは今後の勉強の課題にしよう。


失敗を恐れるなというけれど

2018-01-11 07:19

免責事項:このブログの内容は私が雇用契約を結んでいる企業の見解ならびにその中で起こっていることは何の関連もありません。ないったらないんです。

ビジネス関連でこうした言説を目にすることは多い。

もっと多くの間違いを犯そう、もっと多くの失敗を歓迎しよう――。

 成功しているビジネスリーダーの間で、みずからの会社と従業員にこう訴える人が、にわかに増えている。なぜだろうか。

引用元:コカ・コーラ、ネットフリックス、アマゾン……成功企業のリーダーが失敗を奨励する理由 | HBR.ORG翻訳マネジメント記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

失敗を歓迎。それはいい言葉だ。問題は

「じゃあ、その評価はどうなるの。来年の給料が下がらないという保証があるの?」

である。

そりゃ経営者は部下が失敗をして「よく失敗してくれた。ここから重要な教訓を次に活かすように」と言えばいいけど、来年の人事評価はどうなるんでしょうかね。そもそも首はつながっているんでしょうか?

こうした言説は「そもそも失敗にも種類がある」ということを無意識か意識的にかわからないが省いている。正しく失敗すること。成功確率が50%であり、外部環境によって成功が左右される場合失敗は避けられない。こうした場合は仮に失敗したとしても人事評価にマイナス点をつけない。逆にろくに調査もせず、開発管理(すなわち自社の努力によってコントロール可能な分野)もデタラメで、案の定プロジェクトは失敗。こうした場合には容赦なく減点する。

つまり「失敗を許容する」というのであれば

「はい、KPI達成できなかっからマイナス評価ね」

という...な人事評価の仕組みを変える必要があるのだが、

「どんどん失敗しろ」

という人間ははたしてそれが理解できているんだろうかね。



企業のビジョンについて

2018-01-10 07:12

免責事項:このブログの内容は私の個人的な意見を示すものであり、私が雇用契約を締結している企業の見解とは何の関係もないことを可能な限り強力に強調しておきます。

企業ビジョンというものがある。私は長年の研究の結果、企業ビジョンは2種類に分類されることを確信するに至った。

「きらきらビジョン」

「これだ!ビジョン」

である。いきなりそう言われてもわけがわからないと思うので、例を示そう。たとえばこんな企業ビジョンがある。

毎日を楽しく幸せに、社会を自由で効率的に。
(中略)

新しいサービスをより早く、より多くの人へ。

(中略)

素晴らしいサービスを生み出すために素晴らしい会社を作る。

引用元:グリー株式会社 (GREE, Inc.) - 会社情報 - ミッション

これが典型的なキラキラビジョンである。きらきらしているだけで何も言っていない。社員が手に手を取り合い「世界が平和になりますように」と唱和している姿が目に浮かぶ。キラキラビジョンのいいところは人畜無害な点。実際の企業の行動には何の影響も与えないし、私のようにひねくれた人間以外から問題点を指摘されることもない。

では「これだ!ビジョン」とは何か?IBMは一時このビジョンを掲げていた。

IBMはサービスである。


IBMは長年ハードウェアの覇者でしたが、それらの成功体験から抜け出せずに(特に日本勢に押されて)いた1993年、CEOに就任しルイス・ガーズナーが掲げたビジョンは「IBMはサービスである」でした。

引用元:ビジョンとスローガンの違いとは何か?|Work , Journey & Beautiful

そもそもIBMとはInternational Business Machinesの略である、ということを考えればこれは実に大胆なビジョンである。大型汎用機の製造で食べていた会社がこれからはハードウェアの製造ではなくサービスで収益をあげるといっている。

営利企業は利益を上げなければ存続できない。そのための選択肢はいくつもあるなかで

「わが社はこの道で行く!」

と「これだ!」と示すのが「これだ!ビジョン」である。わが社は「いい会社になる」のではなく「サービスで食って行く」と宣言する。これは実に大胆だ。「これを選ぶ」ということは「他の選択肢を捨てる」ということでもある。勇気がいる。だからほんとんどの日本の会社はキラキラビジョンに逃げる。もう一つキラキラビジョンの例を上げておこう。

DeNA
引用元:DeNA
これも実にキラキラしているが見事に何も言っていない。グリーもそうだが結局やっていることは、ネット上のパチンコ屋だからねえ。あんたのデライトってユーザの射幸心のことだよね。
---

ここまでが長い長い前振り。今米国でCESというイベントが行われている。悲しいくらい話題にはならないが、私は昨日ある日本企業の発表に驚いた。

「自動車メーカーからモビリティの会社になることが目標」。そう豊田社長が語るように、e-paletteはトヨタが示すモビリティ・サービスの新たな形だ。

引用元:トヨタは“モビリティ版アマゾン”を目指す:日経ビジネスオンライン

豊田社長は本当にこう言った。(基調講演のビデオを見たから間違いない)トヨタは自動車メーカーではなく、モビリティの会社になる、と宣言したのだ。

私くらい惑星トヨタを忌み嫌っている人間はそういないと思うが、これには率直に感服した。日本の経営者が忌避する「これだ!ビジョン」を大胆に宣言したのである。この社長が、まだ社長になる前に推進したG-Bookというビジョンの顛末や、トヨタの社員が「自動車作り」の一歩外に出た途端どれほどの能力を発揮するかを知っている身としては多少生暖かい視線にもなってしまう。しかしこの「これだ!ビジョン」には心からの拍手を送りたい。


ブログのモデルチェンジ

2018-01-09 06:58

などと仰々しく書くほど見かけは変わっていないではないかと思われるかもしれない。それはほぼ正しい。

先日このブログを含むサイト全体のお引越しをした。その顛末は本家のほうに書いてあるからここでは繰り返さない。それにあわせてブログを作っているシステムも変えた。一番変えたのはこのブログを作るしくみである。面倒なことはおいておいて

「人が読むときではなく、文章を書くときにあれこれやってしまう」

というポリシーのもと、あれこれ作りかえた。巨大でありながら一部しか使っていないjQueryとかあっさり使わないようにした。結果として爆発的に素早く表示されるようになるはずだった。しかし測って見ると1割程度早くなっただけだった。

いや、長くエンジニアをやっているとこんなことでめげたりはしない。めげるのだが、そのまま旅にでたりはしない。

今回のお引越しにあわせ、あれこれ調べた。サイトをつくる仕組みもどんどん変わるなあと感慨にふけっていたが、そもそもサイトをとても長い間作っているのだった。本家を最初にアップロードしたのは20年前である。そりゃ20年もたてばあれこれ変わるわね。

というわけでこれから何度モデルチェンジができるかわからないが、また気が向いたときにあちこちいじるようにしよう。


お名前.comに何が起こっているのか

2018-01-01 08:21

下に示すのは、私のメール受信箱を「更新早期割引」で検索した一覧である。

メール一覧

ここのところ毎日「本日限定」の「今ドメインを更新すればお得ですよ」というメールが届いている。今こうして一覧にして気がついたのだが、タイトルを微妙に変化させているのだな。ちなみに9月の終わりにも同じようなメールの嵐があり、その時ねぼけたままドメインの契約を更新してしまった。だから今私の契約の残り期間は3年を超えている。

---

このサイトを置いているotsubo.infoというドメインは「お名前.com」というところで登録していた。(過去形)安いと思ったからである。少なくとも初年度に関してはそれは正しかった。

長い間特に不満も抱かずに使っていた。ところがこのメールの嵐である。何が「お名前.com」に起こっているのか?久しぶりにサイトにアクセスして驚いた。

前に使った時どんなサイトだったかとか覚えちゃいない。というわけで、トップページにある「ドメインNaviログイン」という文字列をクリックする。ID,パスワードを入力するといきなりこんな画面が開く。



契約更新

普通ログインすれば「契約しているドメインの一覧」を出すと思うのだが、出て来るのはいきなりドメイン契約更新画面である。契約を更新しないことには何もさせないぞとい言っているようだ。いや、私はドメインの設定をいじりたいのであって、別に更新はしたくないのですが。そう思って別のページに移動するボタンを押すと


確認画面

このポップアップが表示される。まるで契約を更新せずにこのページから移動するとよくないことが起こるような気がして来る。いや、ここは勇気を振り絞って「ページから移動」を押す。するとようやく「契約しているドメインの一覧」に移動できるのだがドメイン一覧の上にこういう文字が出て来る。


文言


【重要】契約更新について
更新手続きを忘れて失効してしまったドメインが再取得専門業者に取得・流用され、それまでのブランドイメージや信頼が毀損するトラブルが急増しています。
ドメインを一度失効してしまうと、取り戻すことは極めて困難です。 今一度その財産価値をご確認のうえ、 契約更新手続きをお早めにお申込みください。

引用元:ドメインNavi

ここまで言われると、もはや契約を更新しないのが罪であるかのような気がしてくる。

---

英語圏のサイトに比べ、日本のサイトはダサい、という意見をよく聞く。ちなみに「いや日本人にはああいうサイトが合っているのだ」という意見も同じくらいよく目にする。しかし今の「お名前.com」に起こっていることはそういうレベルとは次元が異なっているように思う。まるで

「節税にもなるマンション経営を始めてみませんか」

というありがたい勧誘電話を聞かされているような気分になる。

私は外部の人間だから、なぜ「お名前.com」がこんなことをするのかは想像するしかない。現時点で考えられる仮説は三つである。

仮説1:「お名前.com」はとにかくユーザに契約を更新させる必要がある。この際ユーザビリティがどうとか言っている暇はない。この無理矢理さ加減は、倒産間際のPCショップが「出血大売り出し」を繰り返しとにかく「現金を手に入れよう」としている姿をなんとなく彷彿とさせる。

仮説2:「KPIはユーザの契約更新数。これをあげないと君のボーナスはなし」との必達目標を押し付けられた哀れな担当者が存在する。彼(もしくは彼女)はKPI達成のためならなんでもやる。契約更新数が向上すればいいのであり、「こんなクソサイトつきあってられるか」と他の会社にドメイン管理を移す私のような人間がどれだけでようが知ったことじゃない。

仮説3:これが日本人にはいいんだよ!

どれが正解なのか。あるいは全部間違っているのかは私が知るところではない。ああ、新年早々何を書いているのだろう。



早期参入してシェアを獲得

2017-12-27 07:05

2010年代ももう後半だというのに、何を言っているのかと思う。

AppleがSmartwatchを発表したのは他社がいろいろな製品を発表しシェアをとった後からだった。(シェアといっても微々たるものだが)あるいはiPhoneもそうした「遅れて参入した製品」かもしれない。

だから今時

「早期に参入してシェアを獲得」

とか寝言を言っている人間は馬鹿ではないか、と警戒すべき(もちろんそれが成り立つ業界もあるのだろうが)

---

テレカンとか電話会議とか遠隔で入るとかいろいろな言い方があるが、「ネット経由で会議に入ってもらう」のは過去10年に渡り頭痛の種である。とにかくつながらない。一度つながっても途中で切れる。そもそも入ることを忘れている。理由はいろいろだが会議の冒頭10分は間違いなくこれでつぶれる。

そんなものSkypeがあるじゃないか、と10年以上前から誰もがいう。しかしSkypeはろくに動きゃしない。みんなそんなものだと思って冒頭の10分を無駄にしている。こういう

「皆がおかしいと思いながら、それを当然と受け入れている」

状態はチャンスでもある。iPhone登場以前のスマートフォンは本当にゴミのような製品だった。もっといえばそれを作っていた会社の人間もゴミのような人間だった。しかしそういうものだ、と思っていたのだ。

そこにiPHoneが登場した。機能の項目だけみれば、すべて日本得意のガラケーでできていたこと。しかし「ちゃんと動く」のである。あとはご存知の通り。

まだ使ったことはないが、テレビ会議にもようやくそうしたサービスがでてきたようだ。Zoomという。実際に使った人からは Zoom,Zoomとまるでマツダの宣伝のような声が聞こえている。使い方をみただけだが

「URL共有するだけでブラウザで一発で繋がる」

というのは確かに革新だ。まずアプリをダウンロードし、それからIDを登録して、、とは全然違う。

つまりこうだ。今までにないことをやるのが大ヒットサービスを作り出す唯一の方法ではない。Google登場前にも検索エンジンは山ほどあった。しかしろくなものではなかった。誰もが行なっていた検索という行為を、一番うまくこなしたのがGoogleだったのだ。

「誰もが行いながら不満を感じ、それを当然と思っている」

ことに「まともに動く」解決策を提示すること。それこそが大ヒット製品・サービスをうむ一つの方法ではないのか。


The Bank Job

2017-12-25 07:03

私の叔父は某銀行に勤めていた。海外駐在が長かったがそれなりに楽しく働いていたと思う。私のいとこに一人第一勧銀に勤めていた人がいた。彼にはもう数十年会っていないな。しかし

「銀行は汚い仕事をするところだよ」

というコメントは人づてに聞いた。空手部の先輩が銀行に就職した。「やりたくもないことをやらされる」とぼやいていたのを覚えている。

銀行のリテールなんか難関大学出てやる仕事じゃないね。老人相手の布団の押し売りと何も変わらない

引用元:ヒーホーくんさんのツイート

どうも本当にそういうことらしい。野村證券や某銀行から時々売り込みの電話がかかってくる。かけているのは多分下請けの社員なのだと思うが、社員もやっていることは変わらないらしい。

今テレビで銀行?の押し売り問題の番組やってて、銀行員の人が「お客様に適した提案をしたい為に入ったのに、今は会社の提案をお客様に押し付けているだけの自分に腹立ちすら覚える」って言ってて、まさしく前のショップがそれだったんだよねってすごい共感してしまった…もち退職しましたけどね←

引用元:セフェラン@7鯖の狐さんのツイート

いいものを販売し、お客様に喜んでいただき自分たちも利益を得る。多くの人はそれを目指しているわけだが構造的にそうではない業界の方が多いのではなかろうか。そしてその中にはいってしまえば、こう言える人の方が幸せである。

「それは、現場の営業の君らの責任なわけやん。君らが販売商品にマッチしたお客さんを見つけられへんから、既存のお客さんに無理に押し込んで、こうやって問題になってもとうわけやろ?」

引用元:Kurao (蔵オ)さんのツイート

少なくともこういう実態が明らかにされるのはいいことだと思う。銀行から商品を購入するにせよ、実態を知った上で行うべきだ。


日本衰退の理由

2017-12-22 07:15

免責条項:本ブログの執筆者は狂信的Apple原理主義者であり、Appleが関連する記述、主義主張には巨大なバイアスが存在している可能性が高いことを警告しておきます。


ネットパチンコ業界で、しばらく前から収益源になっている「ガチャ」という仕組みがある。やったことがないので知らないが、要するにサイコロをふって6のゾロ目がでれば何かが手に入るとかそういう仕組みらしい。

でもって

その当選確率は誰にもわからないようになっている。だから運営側が操作し放題。例えば0.001%にしておけばゲームに入れ込んだ人は延々サイコロをふるためにお金を振り込んでくれる。

でもってこれについてはあれこれの「議論」がずっと続いている。

なので、やはり業界団体をきちんと整備して、しっかりとしたガイドラインを作って消費者保護のための枠組みを作っていかないと、ソーシャルゲームという業態そのものが成り立たなくなる可能性は否めないと思います。そもそも、利益率が4割の世界で成立しているコンテンツ産業なんて、ぱちんこメーカーや流通の全盛期みたいなものじゃないですか。こんな商売が青天井のまま、なんらかの制限がかからないはずがないのです。

引用元:ソーシャルゲームのガチャ規制論の推移と今後の動きについて(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

DeNAとかGREEとかはそれでしこたま儲けているからもちろん規制には消極的(南場がコンサル的良心で何を言おうが)関係各省庁は

「それ、どこの役所に言ったんですか」@シンゴジラ

状態である。つまり問題が存在していながら誰も何もできずに小田原評定を続けているという日本の伝統的な図式である。

さて

昨日こんなニュースを見た。

Appleが開発者向けに公開している「App Store審査ガイドライン(英語版)」に、「ガチャの排出率表記」を義務化する条項が追加されていたことが分かりました。日本語版のガイドラインにはまだ反映されていませんが、これが厳格に適用されれば、今後ガチャの排出率を表記していないアプリはApp Store上で提供できないことになります。

引用元:Apple、開発者に対し「ガチャの排出率表記」を義務化 - ねとらぼ

ガチャで儲けている企業の売り上げの何割かはAppleにはいる。だからもしAppleがこの規則を厳格に適用し、この世の春を謳歌しているアプリを締め出せば、Appleの売り上げが下がる。これは明らかにAppleにとって不利益となる動きだ。

しかし

私は確信している。ここでAppleはサッカーではなくNFLのように判断したのだ。短期的利益をもたらす胡散臭さを排除し、「正しく」ふるまうことが長期的な利益につながるのだ、と。だからAppleの売上に悪影響がでる内容であってもすっぱりと決断し、実行した。


多面的かつ総合的な観点から慎重に議論を続け何もできない日本。

短期的な不利益と長期的な利益について確固たる信念をもち決断・実行するApple


この差異について改めて絶望的な気持ちになるのは私だけだろうか?なぜダメなことがダメと言えない?