第3次人工知能ブームの終焉

2021-07-28 10:43

二度の人口知能ブームを体験したので、結構自信を持って語ることができる。人工知能ブームが始まると、「人工知能すごいです」と語る人がたくさんでてきてブームの到来を知ることができる。しかしその終焉をアナウンスしてくれる人は滅多にいない。なので私が宣言することにする。第3次人口知能ブームは終焉した。

引用元:人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する――AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革

これはたった五年前に、「AI研究の第一人者」松尾教授が講演で使った人工知能の発展予想図である。今は2021年だから、「ロボット、機械に熟練した動きができる」状態にあり、自動運転、物流・建設の自動化、製造の効率化が試みられているはずだ。すごいなあ(棒読み)

人工知能詐欺師とはいえ、なんの根拠もなしにこんな予想をしたわけではない。当時それの「タネ」くらいは存在したのだ。少し前のことになるが、ロボットの手が人間に教えられなくても自分で学習し、ルービックキューブを解いたというニュースが流れた。すごいぞ。人工知能を使えばロボットが自動的に学習してくれるんだ!松尾教授もおそらくその可能性に胸を膨らませ、ついでに話までちょっと膨らませたのだろう。

そして先日このアナウンスがあった。

人工知能を研究する非営利団体のOpenAI(オープンエーアイ)からは、ロボット工学チームをひっそりと解散させたという、あまり楽しくないニュースも聞こえてきた。この動きは2020年10月から見られたものの、Venture Beat(ベンチャー・ビート)が米国時間7月16日にそれを報じた。OpenAIのロボット工学チームは、ルービックキューブを解くロボットハンドでよく知られていた。それは魅力的なプロジェクトだったが、どうやら行き詰まってしまったようだ。

引用元:Techcrunch

人工知能の現状というのは「確かに時々階段を一つ登ることができる。しかしそもそも階段が何段あるのか誰にもわからない状態」である。しかし階段を一段上るとそれに「これは画期的だ!このまま階段を登っていけばすぐにも人工知能が実現するぞ」と夢を描き詐欺を働く人間が跋扈する。それが人工知能ブームというもの。

そして「確かに階段を一つ上ったけれど、次の階段をどうやって登るのか、そおそも次の階段が何かすらよくわからない」状態に戻る。今はその状態にある。ブームの到来とともにたくさん開設された「人工知能研究所」はひっそりと閉鎖される。

しかし

第2次と違うのは、誇大広告は別としていくつもの実際的な応用例が残ったこと。どうラベルを貼ろうとも、音声認識、画像認識の精度は高まり現実世界にインパクトを与えている。

しかし

シンギュラリティだあ!などと喚きちらした人達はただ沈黙し忘却するだけで、「シンギュラリティはどうなったのか」について語ってはくれない。あと四年で実用的な言語理解が開発されると人前で述べていた教授も何も語ってくれない。


三菱のDNA

2021-07-15 07:09

学校をでて初めて勤めたのは三菱重工だった。そこに十年ちょっと勤務した。仕事で三菱電機、三菱自動車と付き合いがあった。

その両方の「三菱」が隠蔽、嘘、捏造で話題になっている。そして三菱電機ではこういう呼びかけがなされているのだそうな。

三菱電機の検査不正問題をめぐり、引責辞任を表明した杉山武史社長が13日、社内向けのメッセージを出した。グループの信頼を回復する最後のチャンスだとして、原因や同様の事例の有無についての調査に協力するよう要請した。不正行為を自ら申告した社員は、懲戒処分の対象外にするとした。

(中略)

複数の関係者によると、社員向けの動画がこの日配信された。杉山氏は30年以上続いた不正について、これまでの調査で把握できなかったことを「痛恨の極み」だとした。「現場で起きている不都合な事実をこれを機にすべて出し切ってもらいたい」と呼びかけた。

 実態をつかむため、全社員にアンケートする方針だ。社員のパソコンのデータも分析する方向で、削除されたメールなどを復元する「デジタルフォレンジック」を想定しているとみられる。

引用元:三菱電機社長、社員に呼びかけ 「不都合な事実出して」:朝日新聞デジタル

「みなさん。今度こそ本当のことを言ってください」というわけだが、こんな呼びかけは三菱自動車で何度も行われている。これは想像だがそういう呼びかけがなされるたび、内部ではこういう会話がなされていると思う。

「今度はどこまで嘘をつけばいいいんですか」

「不正行為を申告すれば懲戒処分の対象外とする」とか言われてもその言葉を真に受ける人はいまい。不正行為を真面目に申告なんかした日にはどんな「報復」が待っているか判ったものではない。密やかに業務評価を落とすとか方法はいくらでもある。かといって何も言わないでは格好がつかない。というわけで

「まあこれくらいだったら、申告しても大きな問題になるまい」

という嘘が厳選、承認されて報告されることになるのではないか。

だいたい「申告してもらいたい」といいながら、社員のPCを全て分析するというのは「どうせ本当のことを言わないだろうから」と最初から想定しているようなものだ。しかし思うにこの「PCの分析」にもいろいろ手心が加わるのではないだろうかね。

一社の、しかもたった十年ちょっと経験を元に無責任なことを述べてはいかんと思う。しかしだいたい「三菱」と名がつく会社ではそんなことになるのでは、と想像するのだ。現に三菱自動車では何度も何度も捏造が表沙汰になり、最後は日産の傘下に入らざるを得なくなった。三菱電機も同じ道を辿るのか、それよりはうまくやるのかは今の時点ではわからない。


次のMacMiniはどうするのか?

2021-07-05 08:24

昨年発売されたM1Macシリーズは全て筐体のデザインを変更していなかった。これは

「新しいものにつきあうのは一つずつ」

の原則に従ったよい選択だったと思う。

さて、次に発表されたiMacは大胆に変更してきた。まず電源を外付けにし、かつロジックボードを極端に小型化した。今やあの小さく薄い顎の部分に全てが収まっている。

さて

となるとだよ。次のMac miniがどうなるかにとても興味が向くわけだ。

Mac miini concept

引用元:9to5Mac

これは二千十七年、M1Mac登場以前に作られたコンセプト図。だから今では「Touch Barはないよね」とかいろいろ変更点はある。しかしTouch barを除けば今やこのコンセプトの実現可能性はとても高まっているのではないか。

少なくとも今の大きさはどう考えても必要ない。逆に今の大きさを維持するのであればなにかそれに見合ったハード機能の向上を期待したいところだ。

というわけでこれから2−3年以内に発表されるであろうMacにはとても期待している。Apple Siliconによってデザインの自由度を手に入れたAppleが何を出してくるかにとても興味があるのだ。


Pepperという虚構の終焉

2021-06-29 07:06

以前勤務していた会社の入り口にPepperが置いてあった。実にいやだった。誰も見ていない隙に、皇居のお堀に投げ込んでやろうと何度考えたことか。

それが置かれた時期においても、すでにPepperというのは「頭の古い”新しい物好き”だけが喜ぶガラクタ」だった。それが置かれ続けた理由はいまだにわからない。前の会社のオーナー社長はシンギュラリティとかブロックチェーンとか心ある人が眉を顰めるようなキーワードにことごとく引っかかる人だったから、その一環だったかもしれない。

Softbankのオーナー社長の強い意志に逆らえず、Softbank社員は全力を尽くしたと思う。その努力はいろいいろな場所で目にした。お笑いをやらせてみたり、San Fransiscoのショッピングモールで見かけたこともある。しかしゴミはゴミだった。そしてその虚構にもとうとう終焉の時が訪れた。

TOKYO, June 28 (Reuters) - SoftBank Group Corp (9984.T) is slashing jobs at its global robotics business and has stopped producing its Pepper robot, according to sources and documents reviewed by Reuters, as the conglomerate downgrades its industry ambitions.

引用元:EXCLUSIVE SoftBank shrinks robotics business, stops Pepper production- sources | Reuters

やっとというべきか、Softbankのロボットビジネスの人員を削減し、Pepperの生産を停止したとのこと。もともとFranceのアルデバランという会社を買収したものだが、そこの人員も解雇するのだそうな。

ここ二十年くらいに明らかになったことがある。愛玩用ロボットから利益を生む方法を見つけた人はまだいない。これは何度も繰り返されてきた試みがだが、一つとして成功していない。結局家庭用ロボットで成功しているのはお掃除ロボットだけ。そして皮肉なことに人によってはお掃除ロボットに愛玩ロボットの要素を見出している。

しかしその「愛玩ロボット」の要素を中途半端に取り入れたシャープの製品はお掃除ロボットの世界で生き残れなかった。

そして今日もルンバは爆音を上げて我が家をお掃除してくれる。このお掃除ロボットの世界においても、日本メーカーがアメリカのメーカーに歯が立たない、、なんて世界を三十年前誰が予想できただろうか。


宗教という害悪

2021-06-23 08:43

いや、多分私は物事を単純化しすぎている。宗教にもいろいろな種類があり、単純に宗教=害悪と決めつけられるわけではない。しかしこれを読むと多くのヒンズー教徒以外の人は嘆息するのではなかろうか。

多くの人々は、信仰心こそがコロナから身を護るのだと信じた。1ヶ月間にわたる祭典が幕を開けると、マスクなしで河岸に密集して沐浴に勤しむ姿が日常風景となった。当初から「スーパースプレッダーイベント(大規模感染を引き起こすイベント)になるのでは」との懸念が示されていたものの、2月に感染者が減少傾向にあった慢心もあり、人々は楽観的であった。政府としてもヒンズー教指導者らの反発を懸念し、特段の規制を敷くことはなかった。

結果としてクンブメーラは、前後して行われた大規模な選挙運動と相まって、インド感染第2波の被害を明らかに拡大した。1日あたりの新規感染者数は最盛期で40万人を超え、世界でも例のない規模に達する。感染爆発による酸素不足と葬儀場不足により、世界でも有数の混乱を引き起こしたのは既報のとおりだ。

引用元:インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽のコロナ検査記録10万件発覚|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

もちろん宗教に関係なくても、反ワクチン運動とか、ワクチンをうつと5G電波で行動を支配されるとか滑稽な言説は枚挙に遑がない。しかし宗教というのはその性質上一つの行動規範を理屈を超えて伝搬させることに長けており、そしてそれが客観的事実と相反するとき、状況は悲惨なものになる。

この愚行を止められたのはヒンズー教の指導者たちだったのかもしれない(どんな人かは知らないが)そしてこれもおそらくだが、指導者たちの不作為によって何十万人もの人が死んだとしても、彼らと彼女たち(本当?)が罪に問われることもあるまい。

そう考えれば、オリンピックの開催について自由に文句を言える我が国はまだ状況的にマシなのかもしれない。

丸川珠代五輪相は22日の閣議後記者会見で、東京五輪・パラリンピックの会場で酒類販売が検討されていることについて、「大会の性質上、ステークホルダー(利害関係者)の存在がどうしてもあるので、(大会)組織委員会としてはそのことを念頭に検討すると思う」と述べた。

引用元:五輪会場の酒販売、五輪相「ステークホルダーの存在が」 - 東京オリンピック [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

五輪会場で酔っ払い歓声をあげる人たちと、その人たちを怨嗟の視線で見つめる飲食店の人たちという絵柄を見たかった気もちょっとだけするのだ。今回のオリンピックがどういうものであったかを後世に残すよい映像になったと思うのだが。

どうしてもオリンピックをやりたいみたいだから、人が気が付かないうちにさっさとやってさっさと終わって欲しいと思うのだ。有力メディアも「オリンピック開催反対」というのであれば、まずは報道をやめるところから始めてはいかがだろうか。

すっかり高校名の宣伝手段と化した全国高校野球大会も、これを期に報道を他の高校スポーツ並みにする、、とはいかんのが我が国の日常だが。


御用学者の歌

2021-06-17 06:24

東大に松尾という教授がいる。人工知能詐欺で有名になった人だ。

人工知能の未来>

引用元: 人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する――AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革

これは彼が2016年に言っていた人工知能の未来予想図。今年は2021年だから自動運転とか農業の自動化がすでに行われているはずだった。来年くらいには介護、調理、掃除も人工知能がやってくれるそうだ。楽しみである。

人工知能詐欺師はこういう無責任な言説を振り撒き、それが外れるとそっと口をぬぐって知らんぷりをする。しかし最近思うのだ。そうした言説ができるというのは一つの才能だと。(彼の言説に対するより詳細な批判は「 「人工知能ってなんだか怖い!」から始める人工知能概論」を読んでね)

デタラメでもホラでもそれを振りまくことで金を引っ張ってくる。それによりいろいろなことができる。私はここでブログに「詐欺師だ」と書くだけで何も成し遂げることができない。

しかし

私は世の中の役にたってはいないが、あまり世に害はなしていないと自負することもできる。いや、松尾教授はお前より世の中に貢献しているぞという人もいるだろう。しかし彼は明らかな害もなしている。

現職大臣が、国のITプロジェクトからNECを干すと放言して問題になっている。それには続きがあり、彼が懇意にしている松尾教授関連のスタートアップを持ち上げていたらしい。その音声が文春に掲載されると知った時の松尾教授のTweetがこれだ。

松尾 豊 on Twitter: "それから、スタートアップはすごく真面目に一所懸命頑張っているので、文春さん邪魔しないで! https://t.co/0XZxSdmbqV"

引用元:[B! AI] 松尾 豊 on Twitter: "それから、スタートアップはすごく真面目に一所懸命頑張っているので、文春さん邪魔しないで! https://t.co/0XZxSdmbqV"

「文春さん邪魔しないで!」と言い放つこの神経。自分が大臣に取り入って(正規のルートではなく)売り込んだプロジェクトが「文春」に邪魔されている。真実を公開されることが「邪魔」なのか?

こうした神経からはやはり学ぶところがある。これくらい面の皮が厚くなくては人工知能詐欺師など務まらないということなのだろう。



MacかPCか

2021-06-16 09:36

これはもう何十年も続いている問いである。MacかPCかどちらを選ぶのがいいのでしょうか?

私のような狂信的Apple原理主義者にとってこの問いに対する答えは明白だが、普通の人にとってはそうではない。この比較を取り上げた記事でもだいたい「たくさんの人が使っているWindowsがいいでしょう」とか「個人の使い方にあったものを選ぶのがいいでしょう」という結論で落ち着いている。

しかし

(何度目かわからないが)この問いにようやく決着が着こうとしている。Macを選びなさい。悪いことは言わないから。

引用元:ASUS Zen AiO 24 A5401Wの実機レビュー

これが最新のWindowsデスクトップPCの背面である。引用元はPR記事なのだが、こんな見出しがついている。

単純に美しいオールインワンPC
ASUS Zen AiO 24は、スタイリッシュなデザインが特徴的なオールインワンPCです。

引用元:ASUS Zen AiO 24 A5401Wの実機レビュー - the比較

この背面写真を見て「単純に美しい」というコピーに同意できるだろうか?対するに最新型iMacの背面はこうである。


「単純に美しい」とはこういうことをいう。

なぜこうなってしまうのか?AppleのデザイナーがASUSのデザイナーより腕がいいからか?そうかもしれないが、それだけが違いではない。ほとんどのWindowsパソコンはIntelのCPU上で動いており、IntelのCPUを使っている限り新しいiMacのようなデザインはできないのだ。なぜなら発熱量が違うので。

M1Macはただ静かにただ無茶苦茶早く動く。この単純な事実がどれだけ使い手のストレスを軽減するかは体験してみないとわからない。

これも何度目に書くかわからないが、2020年からMacとPCは別物になった。もはや好みの問題ではない。何かの理由でどうしてもWindowsを使わざるを得ない人を除いてはMacを買うべきだ。


キャッシュレスの未来

2021-06-15 08:14

最近世の中に流行っているDXという言葉がある。あるのだが、何を言っているのかさっぱりわからない。しかしここで定義をあれこれしてもしょうがないので「なんだか情報処理技術を使って達成するいいこと」と考えている。

とはいっても、情報処理技術を使えば世の中がよくなるかといえば、そんなことはない。日常生活において私が敵対視するDXが少なくとも二つある。Microsoft TeamsとQRコードを使った決済、特にPaypayである。今日書きたいのはPaypayだ。なぜ書くかといえば、ようやく「改善」の兆しが見えてきたからである。

背景について述べる。私の家の近くのはOKというとてもものを安く売ってくれる素晴らしいスーパーマーケットがある。OKがなければ我が家の家計は成り立たないほど。そしてここ数年の間に「セミセルフレジ」が導入された。品物の登録までは店の人がやってくれて、お金を払うのは自分というやつだ。

これがあると「1万円はいります」「一緒にご確認ください」とかやらずに済む。私は大好きである。しかしこのセミセルフレジの流れを堰き止める敵が存在している。Paypayだ。

Paypayが実際どのような手続きを行なっているかは知らない。しかしなにやら数字を打ち込みそれをレジの人に確認してもらい、さらに数字を打ち込む。その間レジの流れは止まってしまう。現金ならばお客さんが自分で行える支払いに店の人の手をわずらわせなければならないのだ。

だから私はPaypayを敵対視している。使っているのが慣れていない人だと最悪であり、かつ「一万円を超えると一度で決済できないんですよ」とかなった日にはレジに並んでいる人間全員から殴る蹴るの暴行を受けても誰も被害を主張できないと私は信じる。

さて

この面倒にして人を不幸にする支払いシステムがなぜOKで使えているといえば、この面倒な支払い方法を使ってもOKクラブカードを見せれば3%相当の割引が受けられるからだ。勘違いしないでほしい。私はキャッシュレスに異を唱えているわけではない。Suicaは大好きだ。OKでピッとタッチするだけで支払えてなおかつ「3%割引が受けられる」ならば喜んでSuicaで支払う。

問題は

このPaypayというシステムがユーザにとって便利ではないということ。単にボーナスやらなんやらの札束でお客のほっぺたを引っ叩いているだけである。支払いは面倒であり、前述したようにレジの流れを堰き止めレジに並んでいる全員から憎悪の視線を向けられる。

しかし

先日うれしい貼り紙を見つけた。各種QRコード決済でも3%相当の割引が受けられます、という張り紙に追記があったのだ。

「6/30まで」

現行QRコード決済は各社手数料をとっていないという。しかしそれも限界だ、というか最初からどこかで手数料を徴収始めるのは分かりきっていたこと。

QRコードやバーコードを使った、いわゆる「コード決済」事業者の加盟店手数料が話題になっている。例えばPayPayの場合、2021年9月30日までは一律無料で、10月1日以降の有料化を予告している。

引用元:まもなく始まる? コード決済手数料有料化。手数料は“悪”なのか【鈴木淳也のPay Attention】-Impress Watch

したがってOKがQRコードを使用した人間に対して3%相当の割引を止めるのは真っ当な話。そこでぜひ今PaypayをOKで使って他人に迷惑をかけている人に考えてもらいたいのだ。それでもあなたはOKでPaypayを使いますか?

このQRコード決済というものは、日本のITにおけるどうしようもない状況を凝縮している。技術的には何も進歩していない。誰の問題を解決しているわけでもない。ただ一時凌ぎの現金ばらまきで人を集めればあとはなんとかなるだろう、という態度。

こんなDXはとっとと廃止されるべきであり、今年の秋以降はその傾向が下加速すると期待している。



Apple Watchの軌跡

2021-06-01 07:27

思えばApple Watchが発売されてから六年にもなるのだな。発売当初、電車の中でこれみよがしに装着している人を見かけた。何に使うのだろう、と思った。

先日親戚の集まりがあったのだが、そこでApple Watchを使っている人が四人いたのに驚いた。皆新し物好きとかそんなことは関係なく普通に使っている。

Yes, the initial Apple Watch release was a little uncertain about what to focus on.

引用元:Daring Fireball: Google and Samsung Claim to Be Merging Wear OS and Tizen Into a Unified OS for Watches

Apple Watchが何か、については多分Appleもわかっていなかったと思う。最初は100万円を超える超高額モデルが存在した。私は恋人の間でタップを交換したり、ハートビートを交換する機能が当たると思ったが(いつも通り)ハズレだった。半分冗談でポケモンGoがキラーアプリになるのではないかと書いたこともあったがもちろんハズレだった。

AppleとWatchのユーザが発見したApple Watchのキラーアプリは、通知と健康チェックだった。私が一番よく使う機能は、メールのチェックとタイマーである。頭が悪いので、お湯を沸かしてそのままにすることがよくある。5分にタイマーをしかけておけば安心。あと一日の消費カロリーも記録しないとね。それと朝のジョギングのペースと時間、それに距離の把握か。

iPhoneよりもApple Watchの方が「おもしろいけど何に使うの?」という度合いが大きかったように思う。それゆえ発売開始からAppleがどのように「キラーアプリ」を見出してきたかという軌跡はとても興味深いもののように思える。

最初はよく考え、自分たちの提案を世の中に出す。その上でユーザが実際に何に価値を見出しているかをよく考え、その上でさらに提案を出す。このプロセスはそれこそ何かの教科書に載せるべきと思うのだが。



オカルトにどう接するか

2021-04-21 07:12

歳を重ねると人間は賢明になる、と信じるほど私は老化に楽観をしていない。実際高校の同期が集まると側からみればじいさん、婆さんの集まりだろうが、中で飛び交う会話は高校生のそれだ。

とはいうものの、幸運なことに

「簡単に否定してしまうのは賢明でない場合もある」

と考え始めたのは最近ではないかと思う。高校生の頃は「あ、これはうけつけない」でおしまいにしていた。しかし最近必ずしもそれは賢明ではなく、損をしていることにも気がついた。

今朝ある記事を読んだ。前から不思議になっていた「手首に数珠をつけているおじさん」に関するもの。あれは宗教的な何かと思っていたがそればかりではないようだ。一人目のインタビュー

また、数珠をつけていると“パワーストーン好きな女性と会話が弾む”という副産物も得られたため、彼はその後もさまざまな数珠を身につけるようになる。

引用元:(2ページ目)なぜ中高年男性は"数珠ブレスレット"を巻くのか「周囲に止める人がいない」「モテたくて…」 | 文春オンライン

こういうのを読むと「まあ自分の金でやるんだったらいいんじゃないですかねえ」(冷たい視線)になる。しかしここで読むのをやめなかったのは正解だった。次の人はこういうことを言っている。

「仕事で行き詰まったり、何かを決めたりするときに『これがうまくいってもいかなくても全部“石”のせい。後悔しない決断をしよう』と思うようになりました。何があっても全部石に責任を取ってもらってます(笑)。ただ、そう考えると気がラクになるので、自分にとってはプラスの存在なのかもしれません」

引用元:(3ページ目)なぜ中高年男性は"数珠ブレスレット"を巻くのか「周囲に止める人がいない」「モテたくて…」 | 文春オンライン

これはいい考え方だと思う。人間判断に感情が関わりすぎるとフリーズしてしまう。そしてそれは多くの場合いいことではない。

しかし「これは全部石のせい」と思えば他人事。逆に冷静に却下的な判断ができる可能性がある。なるほど。これはいい考え方だ。

毎朝15分のマインドフルネス瞑想を続けている。目的は一つで、自分の感情とうまく付き合う方法を探すこと。私はビビリなので、すぐ思考がフリーズする。怖がってもいいのだが、その感情と少しはうまく付き合えるかと毎朝15分座っている。

なのだが、この「石のせいにする」というのもいい方法だ。頭の隅に止めておこう。石を買うお金はないし、つける気は毛頭ないけれど。