ソフトウェアの力

2018-05-22 07:38

長年逡巡していたのだが、とうとうSynologyという会社のNASを買った。最初スピードがむちゃくちゃ遅くて泣きそうになったのだが、LANケーブルが古いためだった。GBit Ether用のケーブルじゃないとだめなのね。

でもって

驚いたのはそのNASについてくるソフトウェアの充実ぶり。Evernoteが制限がきつくなってから、乗り換え先をあれこれ探していた。一時はMicrosoft One Noteに乗り換えようとしたのだが、あまりのスピードの遅さと、その割に「フィードバックをお願いします」という表示がぼこぼこでるのにあきれてまたEvernoteに戻った。しかしSynologyにも「自分でデータを持つことができる」Evernoteのようなサービスがついている。ものはためし、というわけで今Evernoteからの移行を進めている。

もう一つPhoto Stationというアプリケーションもついてくる。これを使えば長年の懸案だった

「写真アプリをローカルで持っておくと、PCの容量が足りなくなる問題」

からあるいは解放されるかもしれない。つまり動画と写真を全部NASの上において、ネット経由でアクセスするのだ。外出先からのアクセスも問題なくできる。じゃあPC上に常に写真データを抱えている必要なないではないか、と思い当たったのだ。

多分遠からずSynology上のデータをGoogle Photoに同期する機能ができるだろうから、そうなればローカルとリモートに2種類写真データを持つことになり、まず安心である。

これらのソフトは確かにそれだけで成立しているソフトにくらべ多少機能は劣るかもしれない。しかし私の使い方では問題なく使うことができる。これはかつて日本の家電メーカーがPCに大量に付属させていた「おもちゃソフト」とはレベルが違うように(今のところ)思える。

驚くのは、Synologyがハードウェアの売り上げだけからこれらのアプリの開発費をひねり出していること。これには正直驚いた。つまりこれはNetwork上のストレージではなく、サーバーに近い製品なのだ。しかも私のような素人ユーザが使えるようにちゃんとパッケージ化して作られた。

唯一の問題はそのデザイン。まるでWindows XP時代のような色使いで、しかも変更の方法がわからない。多分Synologyの偉い人にデザインに関心がある人がいないんだろうなあ。




VRヤバイ

2018-05-21 07:26

VR元年がいつだったかについてはおそらくいろいろな意見があるだろう。Facebookの後押しにも関わらず、そしてスマートフォンという偉大なデバイスの普及にも関わらずデモ以外でVRを使っている人を見たことがない。

しかしVRの信者たちにはそんなことは関係ないようだ。

VR購入者がどんどん増えているようなのだが、実はVRはもうサイバーパンクと呼ばれる、非現実的なことが未来なことがもうすでに起こっている。

引用元:VR知らない人に、VRの世界で起こっているヤバイことまとめた|Dai|note

じゃあどうサイバーパンクかといえば、7番目にのっているのはこんな事例である。

7. VR空間上でオセロ
みたまま。

引用元:VR知らない人に、VRの世界で起こっているヤバイことまとめた|Dai|note

ふーん。オセロができるんだ。それは画期的だねえ。(棒読み)

こういうVR信者が退屈なのは、自分たちがどんなに熱狂しようと、どうして一部の信者の世界でしかVRが使われないのか、信者の輪が広がらないのはどうしてなのか、についてまともに考えようとしない点にある。つまり今のVR信者の中には疑似科学と同じメンタリティの持ち主が紛れ込んでいるように思うのだ。

疑似科学も「既存の科学では解決できない画期的な理論。すごい!」と叫ぶのだが、そこから全く進展しない。(本を出したり、TVにでたりはできるよ)その理由の一つは彼らが現実を直視せず、自分たちだけの理屈の輪に閉じこもっているだからではなかろうか。オセロがサイバーパンクと声高に主張する人のように。

現実から目をそらし、小さな輪の中で熱狂し続けるのはそこかしこに見られる状況である。確かにこれは簡単に幸せになる方法ではある。


健全な懐疑主義

2018-05-18 07:23

免責事項:本日の内容は、私が雇用契約を結んでいる企業の意見、主張、その他なんでもとは全く関係がありませぬ。個人の意見であり、「この化粧水で若々しくなりました!」と同じレベルのたわごとです。

昨日某所で研修を受けた。これほど変化が早い時代はない、と自分より30も年下の講師(のような人)に言われると苦笑せざるを得ない。あんた国が戦争を始め、独立を失い、焼け野原になり、そこから高度成長した時代より今のほうが変化が大きいとでも言うつもりか?

でもって「シンギュラリティがくると言われています!」と真面目に言われると、、、大丈夫。私はこの研修を「心を鍛える機会」だと思っているのだ。彼女が何を言おうとそれは彼女の自由。私はそれをただ眺めれば良い。これは修行だ。

さて

人間と区別がつかないような自然な話しぶりのAIが、ヘアサロンやレストランの予約をするデモをGoogleが披露した。予約受付に電話して空き状況を聞きながら、日程を決めてゆく様は、どこにも機械と思わせる部分がない。ロボットが、また一歩人に近づいたことへの称賛とともに、倫理面、社会的な影響などの懸念を挙げる声も出ている。

引用元:【Infostand海外ITトピックス】「Google Duplex」の衝撃 機械と分からない話し方のAI - クラウド Watch

我が国で、こんなのんびりした記事が書かれているころ、アメリカではすでにこのデモに対する疑念が表面化し始めている。

When you call a business, the person picking up the phone almost always identifies the business itself (and sometimes gives their own name as well). But that didn't happen when the Google assistant called these "real" businesses

引用元:What Google isn't telling us about its AI demo - Axios

訳:お店に電話するとき、応答する人はほぼ間違いなく自分の店の名前を名乗る。(自分の名前を名乗ることも多い)しかしGoogleのアシスタントが「実際の」店に電話したときにはそれがない。


もちろんここで店名をだしてしまうと不要な広告になったり、いやがらせの電話が続くかもしれない。絶対それはださないから教えてくれと広報に言ったらしいがそれは拒否された。

もちろん不要な部分を編集してカットすることはあるだろう。

We also asked if either call was edited, even perhaps just cutting the second or two when the business identifies itself. And, if so, were there other edits? The spokeswoman declined comment, but said she'd check and get back to us. She didn't.

引用元:What Google isn't telling us about its AI demo - Axios

訳:我々はこうも聞いた。この会話は編集されているのか?多分店名をなのったところを1−2秒カットしているのか?もしそうなら、どこが編集されているのか?広報担当はコメントを拒否した。しかし調べて連絡すると言った。しかしまだ回答は得られていない。


これらは些細な点かもしれない。しかしAI馬鹿を煽る意図がないのならば、Googleはそうした点を明らかにすべきだ。というかAI馬鹿を煽ってもなんのメリットにもならないどころか、Google社内の優秀な人間の失望を買うことになるよ。



夢の終わり

2018-05-17 07:14

前に書いたが、私は年に3回、2週間ずつ農民の家に引きこもり好きな文書を書く生活を夢見ていた。つまり私は作家になりたいのだ。

しかし

昨日その夢が終わったことを知った。

宮城県大崎市鳴子温泉で温泉保養施設を運営する県農民の家農協(菅原章夫組合長)は28日、事業を停止し、仙台地裁古川支部に破産手続きの開始を申し立てた。同支部は同日、手続き開始を決定した。全国唯一の温泉専門農協は、設立から69年で歴史に幕を下ろす。

引用元:<鳴子温泉>農民の家農協破産へ 負債1億4100万円 温泉専門農協設立から69年で幕 | 河北新報オンラインニュース

私が作家になるより先に、農民の家が倒産してしまったのだ。

調べてみると、長期滞在型の温泉施設というのは全国にいくつもあるようだ。しかしあのように巨大で、どうでもいいイベントが開催されるような場所が他にあるのだろうか?

あるのかもしれないし、ないのかもしれない。北の京芦別は宗教施設になってしまったようだし。ああいう施設ははやんないもんね。それが私が好きなところだったのだけど。

まあいいや、まだ先は長いし。



平成の牟田口

2018-05-16 07:32

星野監督が死去した途端「愛の鉄拳制裁」とか暴力行為を賛美する記事が増えたのも記憶に新しいところである。誰も死んだ人間を悪く言わないとはいうが、私にとって星野とは闘将ではなく平成の牟田口だ。

さて

平成も終わろうという頃、また牟田口がスポーツ界に現れた。

チームを率いる日大アメフト部の内田正人監督は、スポーツ紙の取材に対し、「力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせているわたしの責任」と答えた。

引用元:アメフト「悪質タックル」で波紋 スポーツ庁に謝罪も - FNN.jpプライムオンライン

日大のFootball部が、悪質な反則を繰り返し行った。それに対する監督のコメントがこれである。

牟田口だから、景気のいいことをいって、問題が大きくなると雲隠れする。監督本人の意思だか大学の意思だか知らないが、彼はでてこない。

このニュースを読んだ時

「監督は認知症なのでは」

と思った。それくらいこの指示は馬鹿げている。しかし流れてくる情報が正しいとすれば、どうやらこれはチームの常識のようだ。

そのDLに対し、内田監督は試合出場の条件として関学大のQBに負傷をさせることを指示し、コーチAは「何をしてもいいから壊してこい」と指示した。

さらに試合直前、監督から再度、当該DLに対し前日と同様の指示があった。その後、コーチAから「やらないというのはないからな」と念押しされた。

当日の先発メンバー表には当該メンバーの名前はなかった。チームが動画サイトに上げているロッカールーム内のハドルで主将が当日の先発メンバーを発表する動画でも、当該選手の名前は確認できなかった。つまり、当該選手は関学大QBを『壊す』ためだけに出場の機会を与えられていた。

「皆、俺がやらせていることは分かっている。(周囲から反則プレーについて)何か聞かれたら、監督の指示だと言え」

試合後、反則プレーについて内田監督は選手全員に対しそう促した。
反則をした当該選手は泣いていたという。

引用元:日大蛮行プレーは監督とコーチの指示 複数関係者が証言:HUDDLE web (ハドルウェブ)

コーチも加担していたとすると、監督が認知症とかそういう問題ではない。哀れなのは日大の広報担当である。

  一方、日大の広報担当者は14日の取材に対し、「当然ですけれども、監督やコーチがああいったプレーを指示した事実はありませんし、それはありえません」と断言。その上で、該当の選手が故意に悪質なタックルをした事実もないとして、

「あくまでプレーは瞬間的なものですので、こちらとしては、今回の件は偶発的なアクシデントだったと認識しております」

引用元:全文表示 | アメフト「危険タックル」はチームの指示か 日大は否定も現役選手は「違和感」 : J-CASTニュース

あーあ、言っちゃったよ、というところか。誰が広報やってるか知らんけど。せめて「調査中です」とか言えばよかったものを。

---

日本大学は早く監督をクビにして謝罪させるとかしないと、大学の問題になる。「日大のアメフットの選手が」ではなく「日本大学が」になるのだ。

そもそもなぜこんなにスポーツに投資しているか?簡単な話で「大学の評判を上げたいから」だと思う。高校野球の仙台育英じゃないんだから、その「真の目的」を忘れると「名声」は逆効果になる。

こういう牟田口は他の国にもいるのだろうか。それとも我が国で顕著に見られることなのだろうか。


逃げ切れるか?

2018-05-15 07:35

何度か書いているが、私は人間が車を運転するのは違法にするべきだと思っている。もちろん階段を落ちることとか、餅を喉に詰まらせる可能性とか自分が不慮の死を遂げる可能性は多々あるのだが、自分が殺人者になる可能性を引き起こすものはそう多くない。自動車はその一つである。

私の父は幸いに人身事故を起こさずに成仏した。(多分。私が知る限りは)もちろん父はとても慎重に運転する人だったが、これは幸運にも恵まれていたとしか言いようがない。あと末期がんであることが判明した後も運転しようとした父を止めてくれた母の努力の成果でもある。

comic

引用元:xkcd

適当な訳:車の事故に関する統計を見るのは変なもので、私が死亡事故に巻き込まれる前に車を運転することをやめられるだろうかと考えてしまう。

多分遠くない未来に、人間による車の運転は禁止され、私は自動車事故で人を殺す恐怖から解放される。問題はそれがいつくるか、ということ。私は今でも車を運転しなくてよくなれば、喜んで運転しない人である。もっと歳をとって耄碌すると「俺はまだ運転できる!」と言い張り出すのだろうか。はたしてそれまでに「人による運転の違法化」は間に合うのだろうか。

---

もう一つ気になっているのが、認知症である。これはちょっと自分には間に合わないのではないかと思い始めている。父の思考は最後まで明晰だった。自分がそうなるかは誰にもわからない。仮に今ものすごい効果がある薬が発明されたとしても、臨床試験やって、、とかやっていると間に合わない気がする。


まあそういう将来の(多分)心配よりは、目先の心配をしよう。心配のネタには事欠かないんだから。


Google Duplexが物語るもの

2018-05-14 07:06

考えてみたら、今年のMicrosoft BuildとGoogle I/Oは日程が連続していたのだな。Microsoft Buildが全く話題にならなかったのは気の毒だった。

数年前にGoogle I/OでGoogle Photoの無制限容量が発表された時には驚いた。それは実質的な驚きだったが今年はそういう類のものはなかった。しかし確かにこのデモは印象的だった。

Google Duplex

引用元:Engadget

実際の店員を相手に、電話で会話して予約をとったのである。コンピュータが音声認識と音声合成と会話制御を駆使して。

二つ目のデモが特に印象的だった。相手が明らかにトンチンカンな答えを返しているのだが、それでもちゃんと目的を達成した。その昔米国で電話で予約を取ろうと四苦八苦したことを思い出す。

思うにこのデモをみて「シンギュラリティだあ」と叫ぶ無邪気な若者はたくさんいると思う。それはそれでいいことだが、以下の内容もまた真実だろう。

Googleによると、この精度は電話予約という特定のタスクに対してAIをトレーニングしたため。人間が話しているようですが、話題を変えられても予約と挨拶しかできません。

引用元:Google、AIが喋って電話予約するシステムDuplex発表。外国語やネット予約不可でもアシスタント任せ - Engadget 日本版

つまりこれは高度なパターン認識であり、知能が存在するわけではない。そういう意味ではサイバネティックスなのだ。

Why not demo it live? Why only play recordings?

引用元:Daring Fireball: A Little Duplex Skepticism

なぜLIVEデモではないのか?成功率が低いんだと思う。おそらく今回出したのは最高にうまくいったチャンピョンデータだ。この技術が実際に搭載されて使われ始めた時、どのような評価になるかが楽しみ。

つまり

私が言いたいことはこうだ。確かにこのデモは驚嘆すべきもの。しかし逆の方からみれば「今のGoogleをもってしてもできることはこのレベル」とも言える。まだまだ道のりは遠い。


カーナビ馬鹿

2018-05-11 07:09

歳をとると他人を馬鹿呼ばわるすることは、賢明ではないことを悟る。だから私もそういう発言は滅多にしないが、たまには口から零れ落ちることもある。

クルマにとってナビとはどうあるべきかという雛形は日本が作ったようなものです。しかも都市部の道路インフラが脆弱で、そのうえ渋滞だらけ。日本ではカーナビは高いお金を出して買う価値のあるもので、高機能であればあるほど喜ばれた。それが作る側に『カーナビには普遍的価値がある』という錯覚を抱かせてしまった観がある

引用元:「日本のカーナビ」はスマホに駆逐され滅びゆくしかないのか | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

作る側の負け惜しみとしてはこんなところだろう。発祥は日本とかいくら威張ったところで、何の役にも立たないのだが。「高機能であればあるほど喜ばれた」とかどの口でいうのか。

ちなみにこのたわごとはガラケーの衰退が始まった頃の「関係者」の言葉にそっくりである。iモードは世界初。iPhoneなんてiモードの後追いをしているだけ。高機能であればあるほどユーザは喜ぶ。

もう一つ関係者の言葉を聞こう。

現時点でのスマホはまだ、クルマのコンピュータと完全にデータリンクさせられるだけのものになっていません。セキュリティ、バグフィックス、GPSの測位精度、サービスのクオリティなど、いろいろな部分が甘い。

引用元:「日本のカーナビ」はスマホに駆逐され滅びゆくしかないのか | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

GPSの測位精度はまあ同意しよう。サービスのクオリティが甘い?すいませんどのサービスのこと言ってるんでしょうか?誰も使っていないカーナビ独自のサービスですか?

彼らはいまだにこうやって「スマホはまだまだ甘い」と述べ悦に行っている。先ほどの「危機感」の続きを読もう。

スマホのテクノロジーが進化してそれらのネガが潰されたとき『スマホを次世代車のメイン情報システムにしたい』という顧客の要望に、われわれが本当にNOと言えるのか。

引用元:「日本のカーナビ」はスマホに駆逐され滅びゆくしかないのか | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

あのね。一つ教えてあげよう。もうそうなってるんだよ。「ネガが潰されたとき」とかいつか将来のように語ってるけど、もうそうなってるんだよ。アメリカではCarplay搭載しないとそれだけで他の機能、性能、価格をどんだけ磨こうが売れなくなってるんだよ。

これまでCarPlay対応しなかったマツダが対応することにした理由については「アメリカは CarPlay 非対応だと売れない。有り得ないレベル」だと説明していました。

引用元:マツダ、アメリカで改良型「CX-3」モデルでCarPlay対応する理由は、購入条件で重要になっているからと説明 | レポート | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

ゴミみたいなカーナビに大金まだ払ってるのは日本人だけで、それももう終わるんだよ。

こういう関係者の訳知り顔の言葉を読んだ時、歳を重ねて懸命さを身につけようとした努力がはがれおち思わず次の言葉が口から出る。


アンタ馬鹿?



自動運転ねえ

2018-05-10 07:30

さて、自動車の自動運転に関する議論がかまびすしい。そんな中昨日トヨタ様の自動運転に関する講演を聞いてきた。

受け取ったメッセージは

・トヨタ実は昔からやってます

・でも自動運転難しいですよね

・難しい。いろいろ法的な問題とかある

・業務用とか、自動車道専用なら結構うまくいくかも

・でも大変。

・ビジョンもありますよ!

という調子であった。そこには

「自動車の運転は人間に任せてはいられない!自動化して事故を無くすべきだ!」

というようなビジョン、意思は微塵も感じられなかった。代わりに

「最近アメリカの会社が派手に宣伝するからまあやってるけど、本当はやりたくないなあ。面倒だし、別に今のままでもうかってるし」

という心の声が聞こえるようだった。

何度も書いているが、今だにToyotaは安い車には対人検知なしの自動ブレーキしか提供していない。この「安全を金で売る」やり方は実にToyotaらしいと思う。私は今の自動車は欠陥商品だと思う。すぐに直せなくても、当然「不具合対策」は最優先で進めるべきだ。車の値段に関係なく。

彼が講演の中で認めていたが、機械学習を利用する、あるいは「あらゆる場合に対応できる」ことを目指そうと思えば膨大な走行データが必要となる。私が知る限りこの分野において日本は顎が外れるほど出遅れているのだが、例によってそうしたことには全く言及がない。まあえらい人だからね。

 現状は、政府の腰が引けていると言わざるを得ない。政府こそがリスクを取って日本の産業振興のために気概を見せ、政策で企業をけん引すべきだ。

 また、技術の進歩が加速する現在、日本企業特有の「自前主義」の企業経営では、必然的に投資が貧弱になるうえ、何よりスピード感が足りない。

引用元:自動運転で出遅れ?日本が海外と渡り合うには : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 3/3



人間による車の運転は違法

2018-05-09 07:14

つまりはこいうことである。

comic

引用元:XKCD

適当な訳:この巨大な機械をとんでもない速度まで加速し、その方向を手で操作する。なぜこんなことが許されるかといえば、高校で20分テストを受けたからだ!

(米国の運転免許は少なくともCaliforniaでは簡単なテストに通りさえすればとれる)

最近無人運転のテストを行っている車が死亡事故を起こした、あるいは事故にまきこまれたというニュースをよく見る。それに「まだ自動運転には問題が多い」などとしたり顔でコメントする人の多さには驚く。

しかし

考えて見て欲しい。そうした記事を読んでいる間に、人間が運転する車が何人の人を殺しているか。人間は絶対値ではなく、変化に反応する。これまでになかった自動運転車が一人殺す方が、人間が運転する車が100人殺すよりニュースになるのだ。これは人間世界の生業かもしれないが、馬鹿げている。

私が生きている間に、公道で人間が運転するのは違法になってほしい。完全自動運転はまだ遠いという議論もあるだろう。ならば少なくとも数年内には、自動ブレーキが装備されていない車は公道で運転できないようにするべきだ。それでは産業に問題がというなら、商用車は除外してもよい。

人口が減るのが問題だと喚き散らす人がいる。ならばせっかく生まれた人を減らさないように、活躍できるようにするのも対策の一つではないか。交通事故という負の処理に注ぐエネルギーを創造に向けることも対策のひとつではなかろうか。

電車の吊り広告で「交通遺児奨学金」のものを時々見かける。あんな吊り広告があること自体がおかしい。少なくともそれを軽減するテクノロジーが普及しつつあるのならば、段階的に人間による車の運転を禁止すべきだ。