Soul Food

2018-12-12 07:00

イタリアの軍隊はWW2でとても弱かった、というネタはたくさん存在している。いつか読んだ本にはイタリアの将軍だかなんだかの

「一生食うに困らないだけのパスタと少しの楽しみがあれば、誰も人生それ以上は求めないものだ」

というセリフが引用されていた。

ここで書きたいのは「イタリア軍弱い」ではなく「イタリア人、パスタが大事」である。なぜこんなことを書くか。

2年前のイタリア中部の大地震では、避難した被災者のため、発生から48時間以内に広くて掃除がしやすいコンテナ型のトイレが整備されたほか、家族ごとにテントとベッドが支給されました。

また、災害の発生直後から被災者に温かい食事を提供する態勢も整えられています。調理を担うボランティア団体は、「キッチンカー」と呼ばれる台所を備えた車を各地に準備し、災害時には調理師がパスタなどの温かい食事を用意します。

引用元:“災害時の避難所には「TKB」” 学会が提言 | NHKニュース

パスタですよパスタ。日本の被災者が体育館で冷たいおにぎりをほうばっているとき、イタリアの被災者は暖かいパスタを食べている。

食べ物というのは、とても重要なものだと思う。疲れた時、寒い時に食べる暖かい食事の力を侮ってはいけない。そう考えると気にかかるのがこの一文。

倉敷市によりますと、被災者に最大で3000食を提供するなど大量の食事が必要だったことに加え、食中毒対策などのため種類を絞らざるをえなかったということです。

引用元:“災害時の避難所には「TKB」” 学会が提言 | NHKニュース

「食中毒対策のため」というか、何かあったとき文句を言われるとこまるからとにかく冷たいおにぎり食わせとけ、となったのではなかろうか。倉敷市は真摯に対応にあたったのだろうが、一人くらいそういう「役人根性」を持った人がいたとしても驚かない。

今年も天災が多い年だった。自分が体育館でごろ寝しなくて済んだのは単に幸運だったからに過ぎない。避難所生活の大変さはそのたびに報道されるが、少しずつ改善が見られるのはいいことだと思う。あれですよ、陸上自衛隊仕様の移動式炊飯装置1号を各自治体にも配備して、役所の人に訓練するとかそれくらいしてもいいのではないだろうか。


運転を楽しみたいなら

2018-12-11 07:01

昨日この文章を読んだ。

安全のためには「運転の楽しさ」など、不要なのである。

車は軽くても600kg。そんな重い物体を時速数十キロで走らせているのだから、感情的に楽しく運転することはとても危険であるという自覚を、運転手にはもちろん、自動車業界にも持ってもらいたい。

運転をもっとつまらなく。

自動運転の実現、そして手動運転の禁止が一日も早く実現し、交通事故が世界から撲滅されることを僕は望んでいる。

引用元:運転をもっとつまらなく

「運転を楽しみたい」という人は、有料のサーキットか自動車専用道路だけを走ってほしい。人間は普通に暮らしていてもいろいろな理由で死んでしまう。しかしの状況は確かに問題だと思う。

(CNN) 世界保健機関(WHO)がこのほど発表した道路の安全に関する2018年版の報告書によると、2016年に交通事故で死亡した人は世界で135万人に達した。死者の数はHIV・エイズや結核を上回って全体では8位に上昇、5~29歳の子どもと若者では1位だった。

引用元:CNN.co.jp : 交通事故死、世界の死因の8位に 子どもと若者は1位

交通事故のニュースが新聞の1面を飾るようになってほしいと願っている。つまりそれは交通事故が珍しい事象になることだから。

我が家の自動車が自動ブレーキ付きになってからしばらくたつ。実家の古いサニー(もちろん自動ブレーキはついていない)を運転する時身構えるようになったのはいことだと思う。本来そうあるべきなのだ。

実家の車どうするかなあ。。年に数回しかのらないけどないと困るし。とはいっても自動ブレーキついてないし。


paypay騒ぎで思うこと

2018-12-10 07:05

Paypayという決済サービスが原資100億円で20%還元サービスをしているのだそうな。

効果のさっぱりわからないテレビCMに100億突っ込むよりはるかに効果がわかりやすい、というのは確かだ。名前が上がって来るプレイーヤーをみると

・ソフトバンク

・Yahoo

・ビックカメラ

・ファミリーマート

と私がちょっと警戒心を抱く名前ばかりである。これもある意味わかりやすい。もう一つ面白いのは

さらにその中でも、iPadやMacbookシリーズといったアップル製品の人気は高い。なぜなら、アップル製品は日頃から量販店などのポイント還元率が他製品に比べて低めだが、PayPayのキャンペーンでは、アップル製品であろうとも20%分還元してくれるからだ。
特に新製品の場合は、クレジットカード系のポイントアップサイトの対象外になる場合がほとんどなので、先月発売されたばかりの「iPad Pro」や「MacBook Air」を購入する人をここぞと買う人が多く見られた。

引用元:驚異の100億円還元「PayPay祭」スタート ── 狙いは家電量販店とアップル製品 | BUSINESS INSIDER JAPAN

購入する対象として、アップルの名前がよくあがることだ。アップル製品は日頃からどこでも同じ値段だから、とかいろいろ考察はあるのだろう。

paypayで学ばなければならないことは人々は20%安くなっただけでこれだけ消費してくれるってことだよね。今度消費税10%になるけど

引用元:あさぎさんのツイート

こういう見方もあるけど、ずっと20%安くてもそれほど需要が増えるとは思わない。「期間、原資限定」が効いているんではないかな。

一時的な話題提供にはすばらしい効果をあげたが、これがキャンペーン終了後も継続するかどうかは別問題である。あるいは日本人がどう思うかはどうでもよくて、中国人の観光客が狙いだ、とかまあいろいろ理屈はあるのだろう。

私はといえば、20%引いてもらってもファミリーマートで買い物はしたくないし、8割であってもお金がない。だからじっとしていた。いつの日か買いたいものはあるけれど、その日ははたして来るんだろうか。


栄枯盛衰

2018-12-07 07:46

その昔WWWが一般に使われ始めた頃。Netscapeというものがあった。シェアウェアだったが、私も課金した覚えがある。

ところがその後MicrosoftがInternet Explorerというものをだした。無料でしかもやたら機能があるだけで遅くなったNetscapeよりずっと早い。これはいい。私は長い間WIndows上でもMac上でもInternet Explorerを使っていた。そして日本の企業には「Internet Explorerしか対応していません」という業務アプリケーションが溢れた。しかしいつしかInternet Explorerは嫌われ者になっていった。Internet Explorerだけが特殊で、そのためだけに無駄な作業が増えるようになっていったのだ。それでも日本の企業はInternet Explorerを使ってください、のソフトを諦めなかった。

Internet Explorerの新バージョンが発表されるたびに「今度のは早い。互換性もばっちり!」と宣伝された。ほんまかな、と思い一瞬だけ使ってGoogle Chromeに戻る。それが繰り返される。そうしてとうとうMicrosof自身がInternet Explorerを見捨てた。これからはEdgeです!という。ところがそのEdgeはまだ開発中バージョンのように見え、いつになったまともに使えるのか見当がつかない。

四谷大塚という学習塾がある。大手なので何度か模試を受けた。その受付サイトが「Internet Explorer + WIndows only」のサイトだった。娘が最後の四谷大塚の模試を終えた時、ほっとしたことを覚えている。Microsoft自身が捨てたブラウザにしか対応していないって。フザけてるのか?

変化はそのようにゆっくり起こると思っていた。まさかこんな日が来ようとは。

報道によれば、Windows 10のデフォールトとなるブラウザに関してMicrosoftはGoogleの助けを得ることになる。 MicrosoftはEdgeと同時にそのEdgeHTMLレンダリング・エンジンを放棄し、新ブラウザではChromiumを採用するという。
引用元:Techcrunch
とうとうMicrosoftは自力でブラウザを開発することを諦めた。Google Chromeの中心となるソースコードをそのまま使うことにしたのだ。
ということは、これを書いている段階で、Microsoftはまともに使えるブラウザを持っていないことになる。かつてInternet Explorerで世界を制圧した帝国がここまで落ちぶれるとは。
栄枯盛衰世の習いとはいえ、この移り変わりには嘆息を禁じ得ない。最初AppleやGoogleが自前でブラウザを作ると聞いた時には「なんでそんなこtこを」と思ったが、それにはちゃんと理由があったのだな。私が理解できていなかっただけで。

There is no free lunch

2018-12-06 07:17

日本語では「タダほど高いものはない」だがひねりがないせいか、いまひとつ使われることがないようだ。インターネットが普及してやたらみかけるようになった「〇円」とかいう言葉にぴったりと思うのだが。

ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月5日、タクシー配車サービス「MOV」で「0円タクシー」の提供を始めた。

引用元:「0円タクシー」都内でスタート DeNAが広告モデルで仕掛ける、配車アプリの新戦略 - ITmedia NEWS

DeNAが0円タクシー。もうこれだけで「絶対何かひどいことになる」と身構えている自分に驚く。

流し読みしてみれば、持続可能な広告モデルというより、一発芸的なキャンペーンのようだ。Yahooがやっている「100億円バック」のPaypayと同じように。

12月4日からスタートした、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」。日本の決済をキャッシュレス化したい各企業の中では後発のPayPayとしては、インパクトのあるスタートを切ったと言える。
初日の活況を見る限り、おそらく、終了予定である2019年3月31日よりも前に100億円に到達し、キャンペーンが終了する可能性は高いが、能動的な利用体験が伴うコマーシャルとしては安く済んでいる部類だろう。

引用元:PayPay「100億円」に人が殺到、サーバーダウン混乱の現場を見た ── 週末は大混乱か? | BUSINESS INSIDER JAPAN

つまるところ例によって「札びらでユーザの顔を叩く」やり方であり、なんとなくうんざりする。両方とも話題になっているし、Paypayのほうはユーザにとってメリットもあるから意味はあると思うけど。

広告というものには莫大な費用がかかる。ならばそれをユーザに還元、というのは悪いことではない。しかしこのデザインの下品さは、、まあこのほうがやっていることとマッチしているか。


日本の大企業の運命

2018-12-05 07:09

日本の大企業では外に情報を発信するのが難しい。それはいいことなのだと思う。大企業の中で出世した人間がどういう人間が隠すことができるから。

東芝には、800人のAIエンジニアがいる。
松尾先生によると、AIとは最小二乗法の三次元版
みたいなもんだと言う。

https://plus.paravi.jp/business/000238_2.html

最小二乗法とは、エンジニアが会社に入ったら
最初に習う、最適化プログラムである。

引用元:安倍首相、AIで「日本がルール作り主導」G20非公式会合

泣く子も黙る東芝のChief Strategy Officerの言葉である。かの会社でCSOが何をしているのかわからない。多分こういうデタラメで景気のいいことを社内で吹きまくるのが仕事なのだろう。現場のエンジニアは

「また何か言っている」

と無視しているのだと思う。それで日本の大企業はちゃんと回る。

しかし

インターネットのおかげで、こうした発言が表に出るようになった。天下の東芝のCSOがとんでもない知能の持ち主ということが白日の元にさらされてしまうわけだ。

大企業で偉くなると知能が下がるのかもしれない。誰も正面切って反論はしない。この言葉でも彼が社内で発信すれば、ただみな無視するだけだろう。俺の言うことに誰も反論できない。そして裸の王様が出来上がる。

ただかのCSOもさすがにまずい、と感じたらしく一生懸命「補足」を出している。その言葉を聞こう。

同様の話を東芝の技術展示会で、松尾先生が言われていた。
先生が、この中でも述べている様に、本当に最小二乗法
な訳ではなく、大切なのは特別視せずに使うと言う事である。
どんな人でも、最適化問題を解いている人は、AIを使って
見るべきだと言うのが、先生のお話の主旨である。

引用元:安倍首相、AIで「日本がルール作り主導」G20非公式会合

元研究者、現人工知能芸人の松尾准教授の言葉を適当に切り取り、なんとか自分の言葉を正当化しようとしている。哀れという以外に言葉がない。

悪いこと言わないから、東芝の中に閉じこもっていた方がいいよ。それがあなたのため、東芝でがんばっているみんなのためだ。


代を継いで

2018-12-04 06:57

強力なリーダーがもてはやされることがある。問題はそれがいつまで続くかだ。よくしたもので、人は必ず老いて死ぬ。老いても気力だけは盛んな人がいるが、中曽根元首相とか見ると

「麒麟も老いては」

という言葉が頭に浮かぶ。最近何かとお騒がせのゴーン容疑者もNo2を育成しなかった人のようだ。

カリスマ型リーダーが君臨する企業に投資するとき、注意を払うべき要素の1つは、そのリーダーがスポットライトを部下に譲り、次世代のリーダーを育てることにどれだけ熱心かという点だ。この要素の重要性は、しばしば過小評価されている。

もしリーダーが後継者の育成を嫌がるようなら、その企業への投資は裏目に出る危険がある。そしてある日、その経営者が逮捕されたというニュースが飛び込んでくるかもしれない。

引用元:強烈な被害者意識と自尊心 ゴーンが見せていた危うい兆候 | サム・ポトリッキオ | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

Steve Jobsが独裁的なリーダーだったと信じる人は多い。確かにそうした要素もあるだろうが、彼はちゃんとTim Cookに道を譲った。Bill Gatesも次はバルマーだったが、その後もちゃんと続いている。

これは見事なことだと今にして思う。Googleは大丈夫と思うが、FacebookとAmazonはどうなるのだろうね。AmazonはともかくFacebookの「その後」を見ることができるだろうか。


目標を管理するのだ

2018-12-03 06:51

先日見つけたこの記事。

端的にホフステードは「権力格差の小さいアメリカで開発された目標管理制度のような仕組みは、部下と上司が対等な立場で交渉の場を持てることを前提にして開発された技法であり、そのような場を上司も部下も居心地の悪いものと感じてしまう権力格差の大きな文化圏ではほとんど機能しないだろう」と指摘しています。

なお想像に難くないことですが、やはり日本のスコアは相対的に上位に位置しています。

ホフステードは、韓国や日本などの「権力格差の高い国」では「上司に異論を唱えることを尻込みしている社員の様子がしばしば観察されており」、「部下にとって上司は近づきがたく、面と向かって反対意見を述べることは、ほとんどありえない」と同調査の中で指摘しています。

引用元:教養がない人々が語る「常識を疑え論」のワナ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

まあなんというか、だが「権力格差の高い国」にわが国がはいっているのは大した驚きではない。しかしあれだよね、真田丸とか見ていると昔に比べれば少しはましだよね。上位の殿様が「頭あげてもいいよ」というまで下向いてなくちゃいけないことはないんだから。

最近最初にはいった三菱重工の年功序列システムを思い返すことが多い。あれはそれなりに機能していたのだが、それにはいくつか大事な前提条件があったのだな。


カーナビの運命

2018-11-30 06:55

前にも取り上げたネタだが、マツダが北米でCarPlay対応を始めた。

私も乗っているが、マツダの車はメーカーで取り付けられるディスプレイがにょきっと顔をだしている。つまり後付けにしづらい。というわけで純正カーナビがCarPlayに対応してくれないと困るわけだ。どうやらそう考えているのは、Apple原理主義者たる私だけではないらしい。

車を購入する際の判断基準のひとつとする人も増えており、利用者の4人に1人が「CarPlayやAndroid Autoが利用できない車は購入を検討すらしない」と回答しています。

引用元:北米マツダ、2014年型以降のマツダコネクト搭載車をCarPlay対応に - iPhone Mania

この「4人に一人」という数値がわが国ではどうなっているのかわからない。いずれにせよ、スマホと車のどちらが主体なのかはほぼ明らかになってきていると思う。車はスマホのアクセサリなのだ。

というわけで、早く日本でも対応してくれないかなと思う今日この頃。うちは貧乏だけど、そのための費用は喜んで負担するよ。マツダのナビはとんでもない道路走ってばっかりであてにならないし。


無駄でない悪あがき

2018-11-29 06:53

かなり前のことだったが、山奥まで珍スポットを訪ねた。ふうふういいながら坂を登れば確かに目的地。しかしそこにはドアがある。鍵を差し込む穴が見える。

私は絶望した。ここまで来ながら鍵がかかったドアに阻まれるのか。がっかりして帰ろうかと思う。最後に駄目元でドアノブをひねった。

ドアは簡単に開いた。

私がやるべきことは、ただ手を伸ばしてドアノブをひねることだった。間違いなく、私はこういう間違いを人生で何度もなんどもやってきたし、これからもやると思う。

なぜこんなことを書いているかといえば、この動画。

偶然と片付けることはできる。しかし倒れ込んだプレーヤーが「無様な悪あがき」でラケットを差し出さなければこの偶然は起こらなかったのだ。

というわけで、これから気がついたときには、ラケットを差し出すようにしよう。無様だろうがなんだろうが知ったことではない。