ある裁判について

2021-08-24 08:01

時々ニュースになるこの裁判。

戦時中、三菱重工業の軍需工場で女子勤労挺身隊員として働いた韓国人ら4人が同社に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の最高裁に当たる大法院は1人あたり約750万~1400万円を支払うよう命じた。2018年11月のことだ。その後、三菱重工は賠償に応じず、原告側は裁判所に同社の債権差し押さえを申請していた。

引用元:【徴用工訴訟】三菱重工の債権差し押さえを認めるも、「取引相手は三菱重工ではない」と驚きの展開に(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

オリンピックであるとか、彼の国の映画(パラサイト)を見ると反日が韓国のアイデンティティなのだな。それ抜きでは何事も進まない。

であるから、この裁判の判決自体にはコメントする気がないのだが、この展開には微笑せざるを得ない。

ここにきてLSエムトロンは、取引相手が三菱重工ではなく、グループ会社の「三菱重工エンジンシステム」だと明らかにしたのだ。今後、裁判所に陳述書を提出する予定で、それが事実と認められれば、今回の支払い命令の効力はなくなるものと見られる。

引用元:【徴用工訴訟】三菱重工の債権差し押さえを認めるも、「取引相手は三菱重工ではない」と驚きの展開に(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

戦時中に存在した三菱重工と、今の三菱重工(なぜこの表現を使うかは後述する)の子会社は同じ会社ではない。だから支払いは無効とのこと。

ほう。

三菱重工に入社した人間ならば誰もが知っていると思う。戦時中に存在した三菱重工業は存在しない。なぜから財閥解体のあおりをくって一時3社に分割されたからだ。

その3社が再び合併し、「三菱重工業」を名乗っている。ここで問題です。今日本に存在する三菱重工業と、戦時中に存在していた三菱重工業は同じ会社でしょうか?名前は一緒です。でも途中で一度その名前をもった企業は消滅しています。

「いや、それは同じ企業だ」となるんでしょうか?何かの本で読んだが、戦後「日本の軍隊によって生じた損害の賠償を求める」という裁判の被告として自衛隊が呼ばれたが、裁判所の

「旧軍隊と今の自衛隊は関係がない」

であっさり棄却になったとか。もちろん韓国の裁判所がそんな懸命な判断を下すとは思えないが。

こうなると「じゃあ戦時中の三菱に対する賠償は、誰の責任?」という話になる。子会社が違うのであれば、どこへ話を持っていくのか。なんならあれですよ。全部商社経由で取引することにすれば、全てはOK。

この問題で苦労されている方の努力は大変なものと推定する。しかしそう考えてくると、この裁判全体が何か悪い冗談のように思えてくる。



A❤︎アート思考とは何か/何でないか

2021-08-24 07:29

今今年3月に公開した本の改訂版を書いている。「これは私が勝手にまとめたアート思考です」と書くのが面倒になり、A❤︎アート思考という名前を使うことにした。でもってA❤︎とは何かを追記しているのだ。

さて

A❤︎とは何か?Armedハート。つまり武装した心。A❤︎アート思考ではなによりもサービス、製品の中心にある❤︎を重視する。これが❤︎であって、ロジックやデータでないところに注意してほしい。

「私は何を心から主張したいか」

が必要なのだ。

しかしそれを晒すだけでは昭和の読書感想文「本を読んで思ったことを書きなさい」である。「おもしろーい」「つまらなーい」ではただの小学生の戯言。それを受け取り手の❤︎に響くようにしなければならない。そのために必要なのが武装。すべての技法とか方法論とかマーケティングストラテジーとかはこの武装に該当する。大ヒットするサービス、製品にはこの❤︎とArmが備わっている、というのが私の主張だ。

さて

世の中には武装は立派で金もかかっているのだが、❤︎が存在しない、あるいは存在しても、それが自己顕示欲でしかない例がものすごくたくさんある。先日その「実例」を見つけた。製作に関わった人たちはほとんど私が知っている人なので、躊躇う面もあるのだが、正直かつ考えて感想を書くことが彼らと彼女たちへの敬意を表すことだと考える。この映像を見てほしい。


私が以前勤めていた会社が公開した動画である。これにはたっぷりと説明文書がついており

LIFULLはコーポレートメッセージ「あらゆるLIFEを、FULLに。」のもと、既成概念の枠を超え、多様な人の、多様な生き方をサポートしたいという想いから「しなきゃ、なんてない。」というメッセージの発信や、様々な社会課題解決に取り組んでいます。
LIFULL公式Twitterでは「しなきゃ、なんてない。」をテーマに、おなじみの3つの童話「桃太郎」「かぐや姫」「3匹のこぶた」をLIFULLオリジナル版としてリメイクし2021年7月15日(木)より公開。Twitterユーザーの人気投票を行い、この度、投票数1位となった『地球を守るために立ち上がるかぐや姫』を、「進撃の巨人」などの声優を担当する人気声優・梶 裕貴さんに一人4役を朗読頂き、Twitter上で朗読動画を公開しました。
 今回動画で公開された『地球を守るために立ち上がるかぐや姫』はかぐや姫がずっと地球にいられるように、本人や老夫婦、求婚者たち一人一人が様々な環境改善に取り組んでいくストーリーとなっています。お花の流通ロスや規格外廃棄を削減し、花き産業への貢献を目指す「LIFULL FLOWER」(※1)や食べることが地球のためになる、そして新たな食材の可能性を探るためのサスティナブルなプロジェクト「地球料理 -Earth Cuisine-」(※2)などを手がけるLIFULLらしい作品とも言えます。

引用元:【LIFULL童話】地球を守るために立ち上がるかぐや姫(朗読:梶裕貴) - YouTube

なのだそうな。

さて

この動画を前述のA❤︎の観点から考えてみよう。

まずこの動画はどのように武装しているだろうか?有名な(多分)声優を使い、Twitterで人気投票1位となったかぐや姫という日本人に馴染みの深い題材を使っている。それを現代の課題にアレンジすることでただ「地球環境を考えよう!」と叫ぶより、受け取り手の心に響くメッセージにした、、と誰かが説明したのだと推測する。

問題は

「本人や老夫婦、求婚者たち一人一人が様々な環境改善に取り組んでいく」

と確かにセリフで述べられている。しかしそれらが全く受け取り手の心に響くことはない。かぐや姫を口説こうとした男どもがいきなりいい人になって地球環境の改善に取り組み始める。はあそうですか。なぜそうするのかを受け取り手にわからせようとするストーリー上の工夫が全くないことに驚く。まとめよう

Arm:武装は何か?

・有名な声優

・日本人に親しみやすい昔話のアレンジ

・地球環境について考えましょうという言葉

Arm:武装で欠けているものは?

・受け取り手の心を動かし、考えてもらうためのストーリー

結果は明白である。この文章を書いている時点で、前掲した動画の再生回数は5日間で677回。イイネは71である。LIFULLの社員数は国内だけでも1000名を超えているのだが。

私はこの動画に関わったであろう人たちを知っている。彼らと彼女たちが「この動画で受け取りてに❤︎が伝わる」と思ったとは考えられない。ではこれらのArmは何を届けようとしているのか?この動画の奥底にある❤︎はなんなのか?

ESGだのSDGだの振りかざす人間の90%は信用できない、というのが私の経験則である。(ちなみに私はスタージョンの黙示を信じている。全てのものの90%はクズなのだ)なぜならほとんどの人にとってESGだのSDGだのが掲げる課題は現実感を伴っていないから。しかるにそれを声高に主張する人間というのは地球環境よりも

「こんなに地球環境についている私って素敵!かっこいい!」

と主張してる場合が多い。心から地球環境を案じ、それを解決するために実効性のある行動をしている1割の人を攻撃する意図はさらさらない。やるなら真面目にやれ、というのが私の主張だ。

そう考えれば、この動画の奥底にある❤︎が理解できる気がする。

「こんなに地球環境について考える我が社って素敵!」

この動画から聞こえているのはこの❤︎。そう考えれば、この動画に受け取り手の心を掴むための工夫が何一つないのも理解できる。そもそもそれを目標にしていないのだ。やりたいことは自らの姿を「地球環境」という言葉で飾ることなのだから。

さて

前にも書いたが私はこの動画に関わったであろう人々の一部を知っている。私がここに書いたようなことは当然理解しているはずだ。

ではなぜこのような動画が公開されたのか。おそらくそこにはこの動画以上に興味深い物語があると思うのだが。



メタバースというリトマス試験紙

2021-08-17 10:05

Second Lifeという「3D空間で誰もが自分のアバターを作ってあれこれできる」メタバースが発表されたのは十八年前のことだった。

それから数限りない「メタバースの試み」がなされている。

 「Second Life」。「The Sims」。奇妙だった「PlayStation Home」。IT企業は長い間、在宅オンラインのアイデアを解決しようとしてきた。

引用元:マイクロソフトやFacebookらが目指す「メタバース」を取り巻く様相 - (page 2) - CNET Japan

不思議なことだが、それら「メタバース」の多くは先発のメタバースの失敗から何も学んでいないように思える。なのにメタバースは延々と「再発明」され続ける。

これは非常に興味深い現象だ。米国のラジオで聞いたセリフだが

「本当の狂気とはなんだか知っているか?うまくいかないことを際限なく繰り返すことだ」

この定義によれば、メタバースに関わっている人間はほぼ間違いなく狂気に取り憑かれていると言っていいと思う。十八年前なら「すごーい。こんなことができるんだー」と話題にもなったが、今では話題にすらならない。

グリーは8月6日、子会社のREALITYを中心として「メタバース事業」に参入すると発表。今後2、3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すという。

引用元:グリー、メタバース事業に参入--100億円規模の事業投資で数億ユーザーを目指す - CNET Japan

思うに現状メタバースという言葉にはリトマス試験紙の役割があるように思う。ひと昔前の「シンギュラリティ」と同じように。その人がどのように物事を考えるかの一つの尺度になると思うのだ。

私はメタバースを延々と工夫もなく繰り返す人の知性が劣っているとか愚かだとかいうつもりはない。ひょっとすると何かの理由でそのどれかが成功するかもしれない。そして私は何もしていないので、絶対に成功することはない。mixiがオンラインゲームに進出したときはアホかと思った。しかしそれは大成功し、今やmixiはゲームの会社だ。

だから優劣ではない。単に「過去の経験から何かを学び、それに対して工夫をする人か」「単に同じことを繰り返す人なのか」という識別に役立つのではないかと思うのだ。

なぜメタバースという古いアイディアがこうも多くの人を惹きつけるのか、誰も成功していないのに、自分なら成功すると信じさせるのかという点につても興味深い研究ができるように思う。誰かやってくれませんか?


金メダルの意味

2021-08-04 06:28

大騒ぎの挙句日本でオリンピックを開催している。無観客でもそれなりに盛り上がっているようだから、これからオリンピックは全部無観客にしてはどうか。警備とか楽になるし。

私は今度のオリンピック開催の判断は正しかったと思う。(個人的には消極的反対だったが)それについては話が長くなるので、また改めて書くことにする。今日書きたいのは

「それで、金メダルに何か意味あるわけ?」

である。

国別のメダル獲得数を眺める。するとある国がないことに気がつく。東ドイツだ。おかしい。あらゆる種目であれだけメダルを取っていたのに、、と書くとこれだから年寄りは困る。東ドイツはとうの昔になくなっているではないか、とかそういう問題ではない。ドイツもほとんどメダルを取ってないのだ。

じゃあドイツの国力は衰えているか?と言われれはそれは全く関係ないと答える。じゃあメダルの数になんの意味があるのか?なぜこんなことを言い出したかと言えば

主に少年犯罪を扱う弁護士から、スポーツ推薦で進学した生徒や学生が挫折を機に犯罪に手を染めるケースが後を絶たないと聞いた。いとも簡単にアイデンティティが崩壊するその様を、とても心配しておられた。成長期の子どもに相応しいスポーツのあり方を、早急に模索しなければならないと思う。

引用元:平尾 剛 / 『脱・筋トレ思考』(ミシマ社)絶賛発売中!さんはTwitterを使っています

スポーツは金になる。これは事実だ。そしてそれは悪いことではないと思う。いろいろな強みを持った人がそれを生かして生計を立てる道を増やすのだから。

問題はその過程で生産・破棄される大量の少年スポーツ兵隊、少女スポーツ兵隊のことだ。

スポーツさえやれば、どんどん進学でき、全てが不問に付される。そうやって10代を過ごし、そして99%は破棄される。その時なんの知識も技術もなく、スポーツ以外に何も知らない人が野に放たれる。

そうやって不幸な少年兵、少女兵を大量に作った上での金メダルには価値はない。日本もうそんな虚像に縋らずともやっていけるはずだ。

しかし

そうやってスポーツ:野球以外何もしらない人間を大量に集め、そのなかから選抜したはずの日本プロ野球が国際試合でいつもやられるのを見るのは実に面白い。あれは一体なんなんだろうね。

オーストラリアの乾いた大地を疾走するトラックの車内。
「ところで相棒、バックミラーにかかってるこの銀色のメダルは何なんだ?」
「いや、ちょっとしたお守りみたいなもんさ」
「おい、ちょっと待てよ。これ、本物の銀じゃねえか!」
「そんな目で見るなよ。昔、あるスポーツの大会でもらったのさ。そう、俺はオリンピックに出たんだ」
「オリンピック? 冗談よしてくれ。あれは選びぬかれたスポーツエリートだけが出られる大会だろうが。お前みたいに一日中トラック転がしてる奴がどうやってオリンピックに出るんだ?」
「それもそうだよな、ハハハ。」
「わははは」
 しかし、遠い地平線を見る運転手の青い瞳には、ある一日の光景が焼きついていた。ありあまる資金で高級ホテルに泊り、薄ら笑いを浮かべながら会場に現れる東洋人の球団。彼らのほとんどが一年で一万ドル以上を稼ぐプロの選手だという。
 若いオージー達は燃えた。そして、全力で立ち向かい、ぎりぎりの勝利を掴みとったのだ。たいていの人間が野球というものを知らないこの国では、誰も彼らを賞賛しなかった。しかし、胸の奥で今も燃え続ける小さな誇りとともに。今日も彼はハンドルを握り続ける。



アテネ五輪野球日本代表を下したオージー代表の職業

1右 土木作業員
2中 電気会社勤務
3三 倉庫番
4左 食品会社勤務
5一 時間給労働者
6二 倉庫番

7遊 倉庫番
8捕 喫茶店経営
9投 ピッチャーパン屋さん

パン屋さんに完封負けww
パン屋さんに完封負けww
パン屋さんに完封負けww
パン屋さんに完封負けww
パン屋さんに完封負けww

引用元:オーストラリアの乾いた大地を疾走する - 名文コピペR18 - Seesaa Wiki(ウィキ)

スポーツ推薦でも、ちゃんと勉強させるようにしようではないか。それで金メダルの数が激減しても大いに結構。


せっかちの大規模接種会場でのワクチン接種

2021-08-03 07:47

私の実家の人間はみなせっかちである。11時半に家を出よう、というと11時20分にはみな用意をしてそわそわしている。用意ができたから早く行こうかということになる。

なので自衛隊の大規模接種会場に8時から予約を取っていたとしても私は午前7時15分ごろ会場に到着してしまう。多分私が最初の一人だったと思う。列に並ぶように案内される。プレハブの入り口は閉まっており、そこに並ぶ。テントもあるのだが、日差しが照りつけており、並ぶのは大変だ。私は一番先頭だったので日陰に立つことができたが。

そこでぼんやり本を読んでいるうち人がぽつぽつと並び始める。1箇所だけ日陰に並べる列があり、そちらに並ぶ人が多いようだ。このまま8時までここで立ってるのかなあと思っていたら7時半ごろ中にいれてくれた。書類のチェックをして必要書類を色のついたバインダーにいれて渡してくれる。

大規模接種会場の手際が素晴らしくよい、ということはネットの噂で聞いていた。とはいえ時間が時間なので流石になかで一旦待つ。といっても屋内なので快適である。また本を読んでいるうち

「こちらの方は移動をお願いします」

と言われ歩き出す。そこから先は本を取り出す暇もなかったと思う。エレベータで4Fに上がる。エレベーター内では壁に向かって立てと掲示があるので壁を眺める。エレベーターの操作は係の人がやってくれるので安心である。

てけてけと歩いていくと医師の診察となる。お医者さんの名札を見れば海上自衛隊のなんとかと書いてある。お仕事ありがとうございます。そこでOKがでると、接種。ちょっとちくっとしますよ、と言われたが対して痛みもなかった。

その後15分経過観察となる。椅子に座ってぼんやりと前方にあるディスプレイを眺める。振り込め詐欺の対策ビデオとかやっておりなかなか面白い。あっとうまに8時20分になる。ということは私が接種してもらったのは8時5分だったのだな。この手際の良さ。

係の人が「8時20分です。時間が経過した方はどうぞ」と呼びかけてくれるがその前に私は腰を上げていた。私はせっかちなのである。帰り道もたくさん係の人が立っており誘導してくれるから間違えようがない。

「ありがとうございました」

と言いながらその場を後にする。

てくてく歩いて大手町の地下鉄入り口付近にたどり着くと、地味な格好をした女性がなにやらビラを配っている。あれ?ここにも自衛隊の人が?と思うがビラを読んでみると無料医療アプリの宣伝であった。ビラもいかにも大規模接種会場で配られるような色になっており、遠目には区別がつかない。

なるほどなあ。こういう商売の仕方もあるのか、と感心する。というわけでなかなか快適なワクチン接種体験だった。2回目はなんとか7時半過ぎに会場に着くようにしよう。


第3次人工知能ブームの終焉

2021-07-28 10:43

二度の人口知能ブームを体験したので、結構自信を持って語ることができる。人工知能ブームが始まると、「人工知能すごいです」と語る人がたくさんでてきてブームの到来を知ることができる。しかしその終焉をアナウンスしてくれる人は滅多にいない。なので私が宣言することにする。第3次人口知能ブームは終焉した。

引用元:人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する――AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革

これはたった五年前に、「AI研究の第一人者」松尾教授が講演で使った人工知能の発展予想図である。今は2021年だから、「ロボット、機械に熟練した動きができる」状態にあり、自動運転、物流・建設の自動化、製造の効率化が試みられているはずだ。すごいなあ(棒読み)

人工知能詐欺師とはいえ、なんの根拠もなしにこんな予想をしたわけではない。当時それの「タネ」くらいは存在したのだ。少し前のことになるが、ロボットの手が人間に教えられなくても自分で学習し、ルービックキューブを解いたというニュースが流れた。すごいぞ。人工知能を使えばロボットが自動的に学習してくれるんだ!松尾教授もおそらくその可能性に胸を膨らませ、ついでに話までちょっと膨らませたのだろう。

そして先日このアナウンスがあった。

人工知能を研究する非営利団体のOpenAI(オープンエーアイ)からは、ロボット工学チームをひっそりと解散させたという、あまり楽しくないニュースも聞こえてきた。この動きは2020年10月から見られたものの、Venture Beat(ベンチャー・ビート)が米国時間7月16日にそれを報じた。OpenAIのロボット工学チームは、ルービックキューブを解くロボットハンドでよく知られていた。それは魅力的なプロジェクトだったが、どうやら行き詰まってしまったようだ。

引用元:Techcrunch

人工知能の現状というのは「確かに時々階段を一つ登ることができる。しかしそもそも階段が何段あるのか誰にもわからない状態」である。しかし階段を一段上るとそれに「これは画期的だ!このまま階段を登っていけばすぐにも人工知能が実現するぞ」と夢を描き詐欺を働く人間が跋扈する。それが人工知能ブームというもの。

そして「確かに階段を一つ上ったけれど、次の階段をどうやって登るのか、そおそも次の階段が何かすらよくわからない」状態に戻る。今はその状態にある。ブームの到来とともにたくさん開設された「人工知能研究所」はひっそりと閉鎖される。

しかし

第2次と違うのは、誇大広告は別としていくつもの実際的な応用例が残ったこと。どうラベルを貼ろうとも、音声認識、画像認識の精度は高まり現実世界にインパクトを与えている。

しかし

シンギュラリティだあ!などと喚きちらした人達はただ沈黙し忘却するだけで、「シンギュラリティはどうなったのか」について語ってはくれない。あと四年で実用的な言語理解が開発されると人前で述べていた教授も何も語ってくれない。


三菱のDNA

2021-07-15 07:09

学校をでて初めて勤めたのは三菱重工だった。そこに十年ちょっと勤務した。仕事で三菱電機、三菱自動車と付き合いがあった。

その両方の「三菱」が隠蔽、嘘、捏造で話題になっている。そして三菱電機ではこういう呼びかけがなされているのだそうな。

三菱電機の検査不正問題をめぐり、引責辞任を表明した杉山武史社長が13日、社内向けのメッセージを出した。グループの信頼を回復する最後のチャンスだとして、原因や同様の事例の有無についての調査に協力するよう要請した。不正行為を自ら申告した社員は、懲戒処分の対象外にするとした。

(中略)

複数の関係者によると、社員向けの動画がこの日配信された。杉山氏は30年以上続いた不正について、これまでの調査で把握できなかったことを「痛恨の極み」だとした。「現場で起きている不都合な事実をこれを機にすべて出し切ってもらいたい」と呼びかけた。

 実態をつかむため、全社員にアンケートする方針だ。社員のパソコンのデータも分析する方向で、削除されたメールなどを復元する「デジタルフォレンジック」を想定しているとみられる。

引用元:三菱電機社長、社員に呼びかけ 「不都合な事実出して」:朝日新聞デジタル

「みなさん。今度こそ本当のことを言ってください」というわけだが、こんな呼びかけは三菱自動車で何度も行われている。これは想像だがそういう呼びかけがなされるたび、内部ではこういう会話がなされていると思う。

「今度はどこまで嘘をつけばいいいんですか」

「不正行為を申告すれば懲戒処分の対象外とする」とか言われてもその言葉を真に受ける人はいまい。不正行為を真面目に申告なんかした日にはどんな「報復」が待っているか判ったものではない。密やかに業務評価を落とすとか方法はいくらでもある。かといって何も言わないでは格好がつかない。というわけで

「まあこれくらいだったら、申告しても大きな問題になるまい」

という嘘が厳選、承認されて報告されることになるのではないか。

だいたい「申告してもらいたい」といいながら、社員のPCを全て分析するというのは「どうせ本当のことを言わないだろうから」と最初から想定しているようなものだ。しかし思うにこの「PCの分析」にもいろいろ手心が加わるのではないだろうかね。

一社の、しかもたった十年ちょっと経験を元に無責任なことを述べてはいかんと思う。しかしだいたい「三菱」と名がつく会社ではそんなことになるのでは、と想像するのだ。現に三菱自動車では何度も何度も捏造が表沙汰になり、最後は日産の傘下に入らざるを得なくなった。三菱電機も同じ道を辿るのか、それよりはうまくやるのかは今の時点ではわからない。


次のMacMiniはどうするのか?

2021-07-05 08:24

昨年発売されたM1Macシリーズは全て筐体のデザインを変更していなかった。これは

「新しいものにつきあうのは一つずつ」

の原則に従ったよい選択だったと思う。

さて、次に発表されたiMacは大胆に変更してきた。まず電源を外付けにし、かつロジックボードを極端に小型化した。今やあの小さく薄い顎の部分に全てが収まっている。

さて

となるとだよ。次のMac miniがどうなるかにとても興味が向くわけだ。

Mac miini concept

引用元:9to5Mac

これは二千十七年、M1Mac登場以前に作られたコンセプト図。だから今では「Touch Barはないよね」とかいろいろ変更点はある。しかしTouch barを除けば今やこのコンセプトの実現可能性はとても高まっているのではないか。

少なくとも今の大きさはどう考えても必要ない。逆に今の大きさを維持するのであればなにかそれに見合ったハード機能の向上を期待したいところだ。

というわけでこれから2−3年以内に発表されるであろうMacにはとても期待している。Apple Siliconによってデザインの自由度を手に入れたAppleが何を出してくるかにとても興味があるのだ。


Pepperという虚構の終焉

2021-06-29 07:06

以前勤務していた会社の入り口にPepperが置いてあった。実にいやだった。誰も見ていない隙に、皇居のお堀に投げ込んでやろうと何度考えたことか。

それが置かれた時期においても、すでにPepperというのは「頭の古い”新しい物好き”だけが喜ぶガラクタ」だった。それが置かれ続けた理由はいまだにわからない。前の会社のオーナー社長はシンギュラリティとかブロックチェーンとか心ある人が眉を顰めるようなキーワードにことごとく引っかかる人だったから、その一環だったかもしれない。

Softbankのオーナー社長の強い意志に逆らえず、Softbank社員は全力を尽くしたと思う。その努力はいろいいろな場所で目にした。お笑いをやらせてみたり、San Fransiscoのショッピングモールで見かけたこともある。しかしゴミはゴミだった。そしてその虚構にもとうとう終焉の時が訪れた。

TOKYO, June 28 (Reuters) - SoftBank Group Corp (9984.T) is slashing jobs at its global robotics business and has stopped producing its Pepper robot, according to sources and documents reviewed by Reuters, as the conglomerate downgrades its industry ambitions.

引用元:EXCLUSIVE SoftBank shrinks robotics business, stops Pepper production- sources | Reuters

やっとというべきか、Softbankのロボットビジネスの人員を削減し、Pepperの生産を停止したとのこと。もともとFranceのアルデバランという会社を買収したものだが、そこの人員も解雇するのだそうな。

ここ二十年くらいに明らかになったことがある。愛玩用ロボットから利益を生む方法を見つけた人はまだいない。これは何度も繰り返されてきた試みがだが、一つとして成功していない。結局家庭用ロボットで成功しているのはお掃除ロボットだけ。そして皮肉なことに人によってはお掃除ロボットに愛玩ロボットの要素を見出している。

しかしその「愛玩ロボット」の要素を中途半端に取り入れたシャープの製品はお掃除ロボットの世界で生き残れなかった。

そして今日もルンバは爆音を上げて我が家をお掃除してくれる。このお掃除ロボットの世界においても、日本メーカーがアメリカのメーカーに歯が立たない、、なんて世界を三十年前誰が予想できただろうか。


宗教という害悪

2021-06-23 08:43

いや、多分私は物事を単純化しすぎている。宗教にもいろいろな種類があり、単純に宗教=害悪と決めつけられるわけではない。しかしこれを読むと多くのヒンズー教徒以外の人は嘆息するのではなかろうか。

多くの人々は、信仰心こそがコロナから身を護るのだと信じた。1ヶ月間にわたる祭典が幕を開けると、マスクなしで河岸に密集して沐浴に勤しむ姿が日常風景となった。当初から「スーパースプレッダーイベント(大規模感染を引き起こすイベント)になるのでは」との懸念が示されていたものの、2月に感染者が減少傾向にあった慢心もあり、人々は楽観的であった。政府としてもヒンズー教指導者らの反発を懸念し、特段の規制を敷くことはなかった。

結果としてクンブメーラは、前後して行われた大規模な選挙運動と相まって、インド感染第2波の被害を明らかに拡大した。1日あたりの新規感染者数は最盛期で40万人を超え、世界でも例のない規模に達する。感染爆発による酸素不足と葬儀場不足により、世界でも有数の混乱を引き起こしたのは既報のとおりだ。

引用元:インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽のコロナ検査記録10万件発覚|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

もちろん宗教に関係なくても、反ワクチン運動とか、ワクチンをうつと5G電波で行動を支配されるとか滑稽な言説は枚挙に遑がない。しかし宗教というのはその性質上一つの行動規範を理屈を超えて伝搬させることに長けており、そしてそれが客観的事実と相反するとき、状況は悲惨なものになる。

この愚行を止められたのはヒンズー教の指導者たちだったのかもしれない(どんな人かは知らないが)そしてこれもおそらくだが、指導者たちの不作為によって何十万人もの人が死んだとしても、彼らと彼女たち(本当?)が罪に問われることもあるまい。

そう考えれば、オリンピックの開催について自由に文句を言える我が国はまだ状況的にマシなのかもしれない。

丸川珠代五輪相は22日の閣議後記者会見で、東京五輪・パラリンピックの会場で酒類販売が検討されていることについて、「大会の性質上、ステークホルダー(利害関係者)の存在がどうしてもあるので、(大会)組織委員会としてはそのことを念頭に検討すると思う」と述べた。

引用元:五輪会場の酒販売、五輪相「ステークホルダーの存在が」 - 東京オリンピック [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

五輪会場で酔っ払い歓声をあげる人たちと、その人たちを怨嗟の視線で見つめる飲食店の人たちという絵柄を見たかった気もちょっとだけするのだ。今回のオリンピックがどういうものであったかを後世に残すよい映像になったと思うのだが。

どうしてもオリンピックをやりたいみたいだから、人が気が付かないうちにさっさとやってさっさと終わって欲しいと思うのだ。有力メディアも「オリンピック開催反対」というのであれば、まずは報道をやめるところから始めてはいかがだろうか。

すっかり高校名の宣伝手段と化した全国高校野球大会も、これを期に報道を他の高校スポーツ並みにする、、とはいかんのが我が国の日常だが。