映画評

1800円1080円950 円560円-1800 円
値段別題名一覧 | Title Index | 五郎の入り口に戻る


1800 円-Part15 Part14へ  | 1080 円へ

DUNE/デューン 砂の惑星:Dune(2021/10/23)

今日の一言:頭はおいてけぼり。目は釘付け

名前だけは聞いたことがあるDUNEという映画。予告編を見ると題名通り砂だらけだし、あんまりアクションもないし、これどうなんだろう。
アメリカでの評判は良いみたいだけど、日本での評価は今ひとつ。はてどういうものかと観にいった。

砂漠から香料が産出される惑星。皇帝はきまぐれにその惑星を支配する「家」を切り替える。もともと砂漠に住んでいた人たちにはただの迷惑である。主人公は新しくその砂漠の管理を命じられた家の長男。その父親が私が愛するオスカー・アイザック。立派な父親兼家族の長を演じてくれる。

さて、皇帝にとってどの家族であってもあまり強力になるのは好ましくない。というわけで惑星を前に支配していた家とアイザック家を争わせることにより弱体化を図る。突然皇帝の支援を得た旧家が攻めてきて、アイザック家はコテンパンにやられる。頼れるアイザック家の武将がアクアマンにアベンジャーズの敵役サノス。この映画を見ていると「を、この人が」とどこかで見たことがある人ばかりがでてくる。

かくして主人公は母親のレベッカ・ファーガソン(ミッションインポッシブルのお姉さん)と砂漠に逃げ出すことになる。そして砂漠の民ととりあえず仲良くなったところで一作目は終わり。


そうなのだ。映画の冒頭Part1とでていたように、この映画1本では解決しない。おまけによく知らないなんちゃらかんちゃらという単語がたくさんでてきて見ている方は混乱する。最初に書いたように舞台の背景はほとんど砂漠であり、彩にも乏しい。おまけに映画の長さは2時間35分もある。Star Wars的に派手にビームが飛び交うこともなく、剣技は必要最低限。素晴らしく引き締まっているが派手さはない。

なのに

この面白さはどういうことか。ブレードランナー 2049の監督ドゥニ・ヴィルヌーヴはここ数十年のスペースオペラとは全く違う方法で素晴らしい映画に仕立て上げた。砂漠の美しさ、過酷さ、そこで生きる民の息吹き。そうしたものが画面から伝わってくる。え、今の単語何?と頭は混乱し続けながらも、目は画面に釘付けである。

これ作っといて続編作らない手はないでしょう。特に主人公の男優がふけると容貌変わっちゃうかもしれないから、早く作ってくださいよ。



フリー・ガイ:Free Guy(2021/8/28)

今日の一言:爆発する想像力と深く真面目に考えられた脚本

ライアン・レイノルズことガイがゲームの中のモブキャラ。(英語ではNPCだが)彼は毎日同じ行動を繰り返す。銀行に出勤すると必ず銀行強盗がくる。床に伏せ友達とおしゃべりする。
そんな彼の日常はある女性を見かけたところから一変する。あの女性に話しかけたい。そのためにはサングラスが必要?サングラスをかけてみると。

というわけで、ゲームの中と外で人々の物語が進む。そもそも「あの女性」がなぜゲームをしているかといえば、彼女のパートナーと開発したゲームが不当に奪われ、できあがったのがこのゲーム世界なのであった。なんとか奪われた証拠を探さなければ、と奮闘する。その過程でガイと言葉を交わすようになり。

彼女と出会ったことにより独自の行動を始めたガイ。彼の呼びかけによって独自の行動を始めるNPC達。なぜそんな行動を始めるかといえば、ちゃんと説明がついている。「人工知能」の詐欺的主張にはめくじらをたてる私だが、「いやいや映画だから」と流せるくらい、ちゃんと考えられている。プログラマーとしては、タイカ・ワイティ演じる社長が自分で作ったキャラクターのセリフにところどころ「未設定」とか「決め台詞」とかはいっているのがツボにはまる。「現実世界」の私は声をあげて笑う。だからタイカ・ワイティが物理的にサーバーを破壊すると、うまい具合に仮想世界が破壊されていくとことか文句をつけないよ。

このゲームの中のキャラクターは、確かに「外の世界」によって作られたもの。しかしその上で自分たちの道を見つけようと努力する。ガイが親友に「この世界は現実じゃないんだ」という。親友は

「今僕は親友を助けたいと思って話をしている。これがリアルじゃないとすれば何がリアルなんだ?」

と答える。思わずはっとする。考えてみれば、私たちも同じようなものではないか。与えられた条件に制約されているが、実は生き方、一瞬一瞬の行動は自分で選べる。しかしそのことを忘れ同じ日を繰り返し下を向いて自分の境遇に文句を言い刹那的な享楽で誤魔化し時間を浪費する。

この映画を観て考える。そうしなければならない理由はない。NPC達のように「配られたカード」を理解した上で勝負をすることもできるのだ。そう思えばこれはまさに普遍的な人間の物語。

このゲーム内世界と外の世界の物語は交わっている。そもそもガイがなぜ女性に惹かれたかといえば、それは「外の世界」の愛が溢れたものだった。どうやってそれぞれの話をまとめるのかと思えば、ゲームの外と中で「人間」たちはそれぞれの生き方を選択し進んでいく。

エンドロールに流れる大勢の人の名前を眺める。この人たちも、そして私も皆NPCなのだ。そんなことを考えていると自分の目に涙が浮かんでいることに気がつく。

調べてみれば監督はナイトミュージアムの人だったか。ディズニー傘下ならではのネタにも大いに笑わせてもらった。笑って泣いて考えさせられる贅沢な時間を体験できた。お見事。


独立愚連隊(2021/8/7)

今日の一言:こんな戦争映画もあったのか

題名は昔から知っていたが未見。知人に推薦され「まもなく見放題が終了します」の字幕にせかされAmazon Primeで鑑賞。

第2次世界大戦中の中国戦線。そこに曰くありげな新聞記者がやってくる。彼の目的はなんなのか?独立愚連隊というからいわゆる「企画外」の兵隊ばかり集めた変な部隊の物語かと思ったら違った。確かに愚連隊はでてくるのだが、主眼はそこではない。そもそもこの「新聞記者」の目的はなんなのか?

テンポよく話が進み思わず画面に引き込まれる。それとともに「今はこういう映画は作れないんだろうな」とも思う。やれ慰安婦の描き方がどうだとかやれ中国兵の描き方はどうだとか(中国兵の描き方は公開当時も議論があったようだが)何よりも、わたしの記憶にある限り昨今こうした「戦地における普通の人間の物語」はつくられていないように思うのだ(この世界の片隅にを除いて)戦争映画といえば、特攻隊であり、その関係者であり、とにかく「悲惨な物語」で反戦を訴えなければならぬといった枠がはまってしまっている。

この映画に描かれているのはそんな紋切り型の物語ではない。およそ戦争の行方を左右するような戦線でなくても人々は生きている。手榴弾と引き換えに中国人から酒をもらう前線の兵士。閉鎖された環境でしかも定義によって全員が銃を持っている。この環境で「正しさ」とどう付き合えばよいのか。

「不正」を働く側も「こんな軍票、そのうち紙屑になる」と悟っている。主人公の目的が達成されても、命令は生きている。最後には中国、日本兵の死体の山ができるが、それは戦線全体になんの変化も及ぼさない。北支前線異常無し。これほど戦争について人に考えさせるシーンがあるだろうか。

そう考えればこの映画に描かれているのは、理不尽さと向き合いながらひたすら生きている人間の姿でもある。もっとこういう映画が見たいのだ、と思ってもこの映画が作られたのは数十年前か。


クルエラ-Cruella(2021/5/29)

今日の一言:二人のエマ

ディズニーの映画を作ることは制約との戦いと思う。101匹わんちゃんにでてきた悪役クルエラ。アニメではタバコをふかしていたが、今やディズニーでは喫煙はご法度なのだそうな。だからこの映画ではタバコのタの字もでてこない。他にもいろいろディズニー禁止事項はあるだろうが、それを順守した上ですでに確立されているイメージを壊さず現代の観客に受け入れられる作品にしなければならない。

この映画はその難題に正面から取り組み、少なくとも私をノックアウトするほどの見事な世界を作り上げた。謎の人間との対話中に母親は崖から転落死する。一人になった少女エステラはロンドンでなんとか生き延びる。デザイナーとしての才能をひょんなところから有名デザイナーに見染められ...

この有名デザイナーがエマ・トンプソン、主役がエマ・ストーン。二人のエマの演技力と存在感が炸裂する。エマ・トンプソンのお付きのような地味な男がいるがどこかで見たようなと思えばマーク・ストロング。なぜこんな地味な役をと思えば、やはりちゃんと見せ場がくるのであった。

私のような年代の人間には涙がちょちょぎれるような七十年代ロックの名曲にのせて映画はテンポよく進む。二人のエマに関わるある秘密が明かされたとき「それで腑に落ちた」とクルエラのサポート役が言う。観客たる私も「なるほど」と思う。そしてオチの付け方もまさしくディズニーである。この映画では必要最小限の人間しか死なないし、動物も虐待されない。それでちゃんと物語を成立させてしまうのだから、こちらは驚くしかない。

現在デザイナーの頂点にいるエマ・トンプソンとそれを打ち壊すパンクムーブメントを体現したエマ・ストーン。私はおよそファッションデザインとは程遠い世界にすんでいるのだが、クルエラとしてのエマ・ストーンの姿には驚いた。衣装が美しいし目を引く。さらにエマ・ストーンは衣装に負けない存在感を発揮する。クルエラはヴィランなのだが、それでも観客の心を掴むようなキャラクターでなければならない。それを達成した脚本家、監督、エマ・ストーンには感嘆の他ない。確かにヴィランであり、確かに美しい。

ぐうの音も出ないとはこのことであり、私は頭を振りながら映画館を後にする。この映画はおそらくこれから何度か見ることになると思う。

Part14 へ   | 1080 円へ


注釈